国民保護法とは

更新日:2021年04月06日

 国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)とは、武力攻撃事態等において、武力攻撃から国民の生活等に及ぼす影響を最小にするため、国・地方公共団体等の責務、避難・救助・武力攻撃災害への対処等の措置を規定するものです。

国民保護計画とは

 国民保護計画とは、国民保護法に基づき、都道府県、市町村が策定しなければならない国民の保護に関する計画のことです。

 総務省からフォーマットとして伝達されたひな形に基づくもので、主として都道府県や市町村の地誌が解説され、住民の避難や救援といった国民保護措置に関する要領が定められています。

長久手市国民保護計画

国民保護ポータルサイト(外部サイト)

  • (注意)内閣官房より平成29年4月21日付け閣副事態第166号にて「弾道ミサイル落下時の行動について(その1)」、「弾道ミサイル落下時の行動について(その2)」、「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」が追加されました。(全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達のメッセージが変更されています。)
  • (注意)内閣官房は「住民の避難行動に関するアンケート」(Jアラートが起動した12道県の住民を対象に実施。)結果を受け、ミサイル発射時にとるべき行動が分かりにくいという課題を解消するため、「弾道ミサイル落下時の行動について」に写真による説明資料や動画資料が追加されました。

この記事に関するお問い合わせ先

くらし文化部 安心安全課
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-56-0611
ファックス:0561-63-2100

メールフォームによるお問い合わせ

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか