みんなでつくろう 認知症にやさしいまち

更新日:2020年11月30日

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん子どもたちが笑顔で並んで絵が描かれている家族のイラスト

 本市の75歳以上人口は現在約4,300人(平成30年8月時点)で今後10年で2倍近くになると推計されており、認知症高齢者も増加すると考えられます。認知症の方などが行方不明となる事案も数多く発生しています。
地域が一体となって認知症への理解を深めるとともに、本人や家族を見守り支え、安心して暮らすことができる「認知症にやさしいまちづくり」を推進するための取り組みにぜひご協力ください。

長久手市行方不明高齢者保護ネットワーク (安心メール)

高齢の方が行方不明となった場合、家族などからの情報提供をもとに市役所または地域包括支援センターからネットワーク登録者に電子メール(安心メール)で行方不明となった方についての情報を配信します。
電子メールを受け取った登録者は、日常の生活の範囲内で高齢者の捜索を行い、発見保護に努めます。

ネットワーク事業への登録方法

  1. anshin-add@ai.e-msg.jpへ空メールを送信してください。
     (注意)下記のQRコード(登録のための電子メールアドレス)を携帯電話やスマートフォンなどで読み取っても、メールアドレスを取得できます。
  2. 「長久手市メール登録手続き」というメールが届いたら、メールに従い、登録画面にアクセスして登録してください。
  3. 登録画面で、安心メール(防災・防犯情報)を選択して登録してください。
  • (注意)登録は無料ですが、必要機器類の準備や通信費用は登録者の負担となります。
  • (注意)行方不明高齢者情報の他に、市が把握した事件情報や不審者情報、災害情報もメールが届きます。

QRコード

QRコード

空メールを送っても返信がない場合

ご自身の通信機器に迷惑メール設定がされていることが原因の一つとして考えられます。
迷惑メール設定などされているお客様は「e-msg.jp」からの メールが受信できるように設定してください。迷惑メールフィルター、なりすましメール、PCからのメールを受信拒否などをされている場合は、こちらからのメールが迷惑メールとして判断される場合がございます。
受信設定の方法について、下記をご参考ください。画面の詳しい説明を見ながら設定することができます。

SoftBankの受信設定
NTT docomoの受信設定
女性がスマートフォンを持ってカメラでQRコードを読み取ろうとしているイラスト
auの受信設定

ながくてオレンジシール

 ながくてオレンジシールは、認知症等で行方不明が心配される方の靴のかかとや杖等に貼っておくことで、行方不明になった際に長久手市民であることの識別に役立ち、早期発見につなげるためのツールです。

 また、認知症を地域全体で支えていく一員の証として希望する方にも配布します。

くまのイラストが描かれており、左側にローマ字でながくてオレンジシールと書かれている「ながくてオレンジシール」

(1センチメートル×4センチメートル)

配布場所

  • 長久手市役所1階 長寿課
  • 長久手市社会福祉協議会地域包括支援センター
  • 愛知たいようの杜地域包括支援センター

配布枚数

行方不明が心配される方:1人8枚まで

上記以外の希望者:1人2枚まで

行方不明高齢者の情報がひまわりネットワークの番組で配信されます

近隣市町村における類似事業のご案内

 長久手市の近隣市町においても、行方不明高齢者保護ネットワーク事業と同じように、 ボランティアの方々に捜索や情報提供を依頼する取組みを行っています。
 近隣市町で行方不明になられた方が長久手市で発見されることや、その逆の状況も想定されます。早期発見のためには、より広域的な協力が必要です。
 近隣市町村の取組みは、下記のとおりです。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 長寿課 地域支援係
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-56-0639
ファックス:0561-63-2100

メールフォームによるお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか