更生保護に関する活動

更新日:2022年02月21日

犯罪や非行を犯した人の立ち直り支援や、犯罪・非行の予防活動などを地域で行っている保護司と更正保護女性会を紹介します。

保護司

犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティアです。保護司法に基づき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員とされていますが、給与は支給されません。保護司は、民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかし、保護観察官と協働して保護観察に当たるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。このような保護司は、全国に約4万8,000人います。

長久手市では、愛知保護区保護司会長久手部会として8人の方に活動していただいています。

令和3年11月19日、本市の保護司1名が永年の功績により、法務大臣表彰を受賞しました。

更生保護女性会

地域社会の犯罪・非行の予防のための啓発活動を行うとともに、青少年の健全な育成を助け、犯罪をした人や非行のある少年の改善更生に協力することを目的とするボランティア団体です。全国で約20万人おり、その地域の実情に即した非行問題等の予防活動や、親子ふれあい行事や子育て支援の活動などに取り組んでいます。

長久手市では19人の方に活動していただいています。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 福祉課 福祉協働係
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-56-0553
ファックス:0561-63-2940

メールフォームによるお問い合わせ

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか