薬剤師会からのお知らせ

更新日:2020年11月30日

かかりつけ薬局をもちましょう

普段から利用する薬局=かかりつけ薬局を一つ持つようにしましょう。

薬や健康に関する情報を一つの薬局で管理することで以下のメリットがあります。

  1. 薬の重複を防ぎます
  2. 薬の飲み合わせをチェックします
  3. 薬の効果や副作用について確認します
  4. 薬の飲み残し(残薬)を整理、飲みやすいようサポートします
  5. 医師をはじめ他職種と連携します。

その他にも、普段の健康相談から介護用品の相談・支援、健康食品や風邪具するなど市販薬、衛生材料に対して薬剤師の観点から適切なアドバイスができます。

かかりつけ薬剤師とは

一定の経験、研修を積んだ薬剤師を指名する制度です。いつも同じ薬剤師が対応します。

夜間・休日でも相談に応じます。

かかりつけ薬剤師を持つメリット

顔なじみの「かかりつけ薬剤師」を持つことで、普段からの健康相談だけでなく、将来、介護が必要になった時も今まで担当していたかかりつけの薬剤師が家まで訪問し、薬の管理をしてもらえます。

かかりつけ薬剤師制度が利用できるかにつきましては、お近くの薬局へお問い合わせください。

問合先

薬剤師会代表 キョーワ薬局長久手店 電話 63-3996

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 健康推進課
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-63-3300
ファックス:0561-63-1900

メールフォームによるお問い合わせ

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか