犬の登録・狂犬病予防注射

更新日:2020年11月30日

犬を飼い始めたとき

生後91日以上の犬はすべて、30日以内に登録をしなければいけません。登録は犬の生涯に1度するだけで、毎年する必要はありません。登録手数料は一頭につき、3,000円です。市役所環境課か長久手市と委託契約している動物病院(ただし、狂犬病予防注射と同時に行う場合)で行ってください。

長久手市と委託契約している動物病院の一覧は下記リンクをご覧ください。

登録料

1頭につき3,000円が必要です。

令和2年度狂犬病予防集合注射について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年度狂犬病予防集合注射の開催を中止します。
飼い主の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

集合注射の利用を予定していた方へ

 市役所環境課からお送りしたハガキ「令和2年度狂犬病予防集合注射中止のご案内」もしくは「令和2年度狂犬病予防注射接種案内」を持参し、動物病院での狂犬病予防注射接種にご協力ください。

 なお、狂犬病予防注射の接種期間は毎年4~6月と定められていますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、今年度は12月31日まで延長されます。

 動物病院を受診する際は、待合室での混雑を避けるため事前に電話連絡で相談するなど、集団感染を防ぐための配慮をお願いします。

 注射を受けさせたら、狂犬病予防注射が済んだことの証明である「注射済票」の交付を受け、首輪などに装着させてください。

「注射済票」の交付を受けられる場所

  1. 長久手市の手続きができる動物病院(一覧参照)
  2. 市役所環境課

 上記の動物病院以外で狂犬病予防注射を受けさせた場合は、動物病院発行の「注射済証」、注射済票交付手数料を持参のうえ、市役所環境課で手続きをしてください。

注射済票交付手数料

1頭につき550円

狂犬病予防注射

毎年1回、4月から6月の間に必ず狂犬病予防注射を接種しなければなりません。
接種しましたら、市役所環境課で注射済票の交付を受けてください。

登録されている犬については、毎年環境課から「狂犬病予防注射実施・登録事項確認通知書」ハガキを送付しますので、集合注射で予防注射を接種する時は、必ず持参してください。個別に動物病院で狂犬病予防注射を接種する時も同様です。

交付手数料

注射済票の交付手数料として、550円が必要です。また、病院から発行される注射済証が必要となりますので持参してください。(市内の動物病院や一部の市外の動物病院でも注射済票の交付が受けられます。)

その他の手続

登録内容に変更があったとき

犬を飼う場所や飼い主が長久手市内で変わる場合

 長久手市役所環境課までお越しください(お電話でのご連絡も可能です)。

犬を飼う場所が長久手市外から長久手市内へ変わる場合

 今お持ちの「犬鑑札」プレートを持って、長久手市役所環境課までお越しください。長久手市の「犬鑑札」プレートと交換します。

犬を飼う場所が長久手市内から市外へ変わる場合

 長久手市の「犬鑑札」プレートを持って、移動先の市町村で手続きを行ってください。

犬を連れて海外に渡航するとき

長久手市役所環境課へ犬の海外渡航届を提出してください。

飼い犬が亡くなったとき

長久手市役所環境課までお越しください(お電話でのご連絡も可能です)。

飼い犬が迷子になったとき

すぐに下記に電話しましょう。保護されているかもしれません。

  1. 長久手市役所環境課 0561-56-0612
  2. 愛知県動物愛護センター 0565-58-2323
  3. 愛知警察署落とし物係 0561-39-0110

飼い犬が人をかんでしまったとき

愛知県動物愛護センター(電話0565-58-2323)に連絡してください。

この記事に関するお問い合わせ先

くらし文化部 環境課 環境係
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-56-0612
ファックス:0561-63-2100

メールフォームによるお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか