ホーム > 市政情報 > 財政・財産管理 > ふるさとながくて寄附金 > 寄附金の活用について更新しました

ここから本文です。

更新日:2019年3月19日

寄附金の活用について

みなさんからいただきました寄附金は、長久手市のまちづくりのため、次の事業に有効に活用させていただきます。

1.里山保全事業 

 【概要】satoyama

長久手市里山プランで里山整備の先行モデル地区として位置づけられている「ほとぎの里緑地」を含む長湫南部地区や、民有林を活用する試行エリアとして位置づけられている平成こども塾周辺の「木望の森」を含む松杁・東山地区の里山を良好に維持管理しながら、里山の保全・利用活用を推進し「ふるさと(生命ある空間)の風景を子どもたちに」の実現のために活用させていただきます。 

 【目的】

 自然の中で行う様々な遊びや学びの場の創出、次世代を担う子どもたちの創造性の育み、親子のきずなを深めるなど、誰もが自然に親しめる場とすることを目標に、竹林伐採や幼木の保護等を行っていきます。

【目標金額】

1,000,000円

【募集期間】

平成31年3月1日から平成31年12月31日まで  

2.平成こども塾わくわく事業 

【概要】taue

平成こども塾では、毎月体験活動プログラムを実施しており人気のプログラムは、抽選になるものもあります。周囲の豊かな里山環境の中で、自然観察、食と農、ものづくり、伝統文化など、さまざまな分野の体験活動を通して、子ども達の感性や心を育むために寄附金を活用します。

【目的】

里山にある平成こども塾で、子ども達にこの里山でしかできないたくさんの体験活動を行い、子どもたちの感性や心・生きる力・世代を超えたコミュニケーション能力を育んでいきます。

【目標金額】

500,000円

【募集期間】

 平成31年3月1日から平成31年12月31日まで

 

3.飼い主のいない猫対策事業 

【概要】cat2

長久手市では、飼い主のいない猫の不必要な繁殖を未然に防ぐために、不妊去勢手術費用の一部を補助する制度を設けています。集まった寄附金は、飼い主のいない猫への避妊等手術費補助金として、多くの大切な命を救うために活用します。

【目的】

 飼い主のいない猫の不必要な繁殖を未然に防止ぎ、周囲に対する危害若しくは迷惑の未然防止を図ります。

【目標金額】

400,000円

【募集期間】

平成31年2月25日から平成31年12月31日まで

4.古民家復元事業

 【概要】house
 江戸時代後期の建築とされる古民家が、長久手市内にあります。 地域のくらしや歴史文化を未来に継承し、ふるさとの景観を残していくため、古民家を復元し、保存活用目指しています。 長久手市内に現存する最古の古民家を、一緒に国登録有形文化財にすることを目指しましょう!

 【目的】
 市内に現存する最古の古民家を復元し、地域のくらしや歴史文化を未来に継承し、ふるさとの景観を残していきます。

【目標金額】
1,000,000円

【募集期間】
 平成31年3月14日から平成32年3月13日まで

5.古戦場公園再整備事業

 【概要】park
 国指定史跡「長久手古戦場」は、羽柴(のちの豊臣)秀吉と徳川家康が直接対決した小牧・長久手の戦いの主戦場跡地です。
 史跡長久手古戦場保存活用計画及び古戦場公園再整備基本計画に基づき、多くの人が集う駅前立地環境を活かし、「小牧・長久手の戦い」「戦いの背景となった農村の暮らし」の情報を収集・展示し、「戦国の歴史と風土」の魅力を伝えるために活用します。

【目的】
 市民の貴重な財産である国指定史跡長久手古戦場を未来に保存・継承しつつ、歴史資産・観光資源を活用した魅力的な古戦場公園を整備していきます。

 【目標金額】
1,000,000円

 【募集期間】
 平成31年3月14日から平成32年3月13日まで

6.その他(市長のお任せ)

  • 長久手市の活性化につながるよう 、有効に活用させていただきます。

  

過去の寄付金実績報告 

これまでの活用募集事業及び寄附金額合計については、以下のとおりです。

温かいご支援をいただき、ありがとうございました!

 平成30年度

  •  介助犬総合訓練センター(シンシアの丘)訓練室改修事業  932,000円
  •  東山地区里山保全事業                      500,000円

 

お問い合わせ

総務部財政課 

電話:0561-56-0606

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?