ホーム > 市政情報 > 財政・財産管理 > 公共施設等総合管理計画

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

公共施設等総合管理計画

☆☆ 市民が考える「長久手市の公共施設に対する提言」をまとめました(平成29年度公共施設のあり方検討市民ワーキングの成果)。 ☆☆

計画策定の背景

我が国では、高度経済成長期に人口増加を前提として建設された多くの公共施設等が老朽化し、一斉に更新時期を迎えています。その一方で、国・地方の財政は、人口の高齢化による社会保障経費の増大に伴い、引き続き厳しい状況が続くと見込まれ、今後、公共施設等の維持補修・更新・整備のための財源を潤沢に確保することは困難な可能性があります。

このような中、国は、平成25年11月に「インフラ長寿命化基本計画」を策定し、各府省はインフラ長寿命化計画(行動計画)、個別施設類型ごとの長寿命化計画(個別施設計画)の策定や、計画に基づき点検等を実施した上で適切な措置を講じることが求められるとともに、地方公共団体でもインフラ長寿命化計画(行動計画)を策定すること等が期待されています。

この行動計画に相当するものが、「公共施設等総合管理計画」です。

総務省からの策定要請により、全国のほぼ全ての自治体で、平成28年度末までに公共施設等総合管理計画の策定が行われました。

パブリックコメント

公共施設等総合管理計画を策定するにあたり、計画案に対する意見募集を行いました。

市民アンケート調査

 公共施設等総合管理計画を策定するにあたり、市民アンケート調査を実施しました。

  アンケート調査の結果

 

長久手市公共施設等総合管理計画

 長久手市公共施設等総合管理計画を策定しました。

  長久手市公共施設等総合管理計画平成29年度改訂版を策定しました。

公共施設等の管理に関する基本的な考え方

 

基本方針1  誰もが安全で安心して使用できる公共施設等を目指します。
基本方針2 公共施設の更新時に機能の複合化を前提に検討するとともに、公民連携の促進や、広域連携などにより、トータルコストを縮減します。
基本方針3 将来計画に基づき、財政負担を平準化し、計画的に基金を積み立てます。

  

市民ワーキングの実施・公共施設に関する市民の提言

公共施設のあり方検討市民ワーキング(平成29年度開催) 

市民ワーキングの成果について(公共施設に関する市民の提言)

 

 

 

お問い合わせ

総務部財政課 

電話:0561-56-0606

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?