公園西駅周辺公共空間デザインアイデアコンペについて(選定結果発表)

更新日:2020年11月30日

長久手市では、東部丘陵線(リニモ)「公園西駅」周辺約20.6ヘクタールで本市が施行する公園西駅周辺土地区画整理事業によって新たに進めるまちづくりを、本市の様々な地区における環境配慮型まちづくりのモデルとして位置付け、環境配慮型まちづくりのモデル確立と持続可能な都市経営基盤の確立を目指し、平成25年5月に『公園西駅周辺環境配慮型まちづくり基本計画』を策定しました。

この土地区画整理事業によって生み出される公共空間(道路、駅前広場、調整池、公園、香流川沿岸緑地)を対象に、環境に配慮した質の高い公共空間づくりのアイデアを募集するために「公園西駅周辺公共空間デザインアイデアコンペ」を実施することとして、平成25年10月21日(月曜日)から平成25年11月20日(水曜日)までの間、募集を行いました。

審査体制

公園西駅周辺公共空間デザインアイデアコンペ審査委員会
区分 氏名 職名

学識経験者

村山 顕人(委員長)

名古屋大学大学院 環境学研究科 准教授

学識経験者

水津 功

愛知県立芸術大学 美術学部 デザイン・工芸科 准教授

学識経験者

桑島 義也

独立行政法人都市再生機構 中部支社 都市再生業務部長

地元代表者

近藤 鋭雄

元・公園西駅周辺まちづくり協議会 会長

市職員

高嶋 隆明

長久手市 くらし文化部次長

市職員

浅井 十三男

長久手市 建設部次長

応募件数

 15件

第1次審査結果

 応募のあった15件の作品について、書類審査による第1次審査を行った結果は、以下のとおりでした。

第1次審査通過作品の提出者の名称(敬称略、五十音順)

  • 一級建築士 ナツメ (共同申込者:建築ウツギ設計)
  • 株式会社 アトリエ・天工人
  • 株式会社 中村勉総合計画事務所
  • 合同会社 2K54DESIGN
  • 酒井設計室+有限会社Bloom and Broom
  • 昭和造園土木株式会社 デザイン・チーム
  • 沼野井諭建築設計事務所

第2次審査結果

 第1次審査通過作品について、プレゼンテーションによる第2次審査を行った結果、以下のとおり、最優秀デザイン及び次点デザインが選定されました。

最優秀デザイン

提案者

 株式会社 中村勉総合計画事務所

提案作品

講評:村山顕人委員長

 「長久手から全国へ~少子高齢化」時代の低炭素モデルタウンの提案~」と題する本作品は、緑豊かな徒歩生活圏、農のある自然共生住宅、人々の交流を生み出す駅前広場、公園と香流川が一体となった水辺空間の提案に留まらず、脱車社会のための交通戦略、自然・再生エネルギー利用による省エネ・創エネ、防災への取り組み、住民参加の仕組みをも示す包括的なものであった。長久手市における本地区の位置づけが的確であること、地区全体及び公共空間の目指すイメージが明確かつ魅力的であること、公園西駅周辺環境配慮型まちづくり基本計画の内容を踏まえて様々な分野の環境技術・システムの導入が盛り込まれていること等が高く評価された。

次点デザイン

提案者

 一級建築士 ナツメ (共同申込者:建築ウツギ設計)

提案作品

講評:村山顕人委員長

 本作品は、「『人と緑』をつなぐ舗装計画」を軸として「香流川から葉脈のように伸びる『人と緑の道』」を整備するという明快なコンセプトを持つ提案であった。舗装タイルの密度によってその場所に適した人と緑の関係を具現化する手法、街区内に緑の路地空間を整備する提案、水量によって使い方が変わる調整池のアイデアは斬新であったものの、緑と水以外の手法による環境配慮のアイデアが盛り込まれていなかったため、次点とした。

この記事に関するお問い合わせ先

建設部 区画整理課 公園西駅開発推進室
〒480-1103 愛知県長久手市岩作長池51番地

電話番号:0561-62-4467
ファックス:0561-62-3012

メールフォームによるお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか