新型コロナワクチン予防接種の予約とお知らせ

更新日:2021年07月08日

新着お知らせ

JA愛知厚生連(JAあいち健診センター)での接種

再募集のお知らせ(先着60人程度)

  • 接種日 8月1日(日曜日)午前9時45分から午後3時までの間
  • 対象者 18歳以上で長久手市に住所を有する人
  • JA愛知厚生連様の協力によるものです。

詳細はこちら

バンテリンドームナゴヤ 会場(武田/モデルナ社製ワクチン)

再募集のお知らせ(先着20人程度)

  • 接種日 8月3日(火曜日) 午後2時
  • 対象者 18歳以上で長久手市に住所を有する人

詳細はこちら

福祉の家集団接種会場(武田/モデルナ社製ワクチン)

年齢にかかわらず(18歳以上)、随時予約が可能です。

8月以降の予定などの詳細はこちら

コロナワクチンに関するよくあるご質問

コロナワクチン接種Q&A

目次

閲覧したいタイトルをクリックしてください。

優先接種

個別医療機関での接種

公民館(西庁舎)での接種(別ページリンク)

福祉の家での接種(別ページリンク)(別ページリンク)

上記の場所以外での接種(別ページリンク)

お知らせ

優先接種

基礎疾患を有する方・高齢者施設等の従事者や、市独自で定める優先接種者は、年齢にかかわらず予約が可能です。

対象

  • 基礎疾患を有する方(詳細はこちら)、高齢者施設等の従事者
    ※高齢者施設等の従事者がご自身の年齢予約開始日より前に接種する場合、施設発行の「証明書」の提示が必要です。
  • 市内にある保育園、幼稚園、小中学校、居宅サービス事業所や障がい児施設等の従事者

予約

個別接種

市内の場合は直接申し込み、市外の場合は、医療機関にご確認ください。

集団接種

コールセンターに電話してください。インターネットでの予約はできません。

 

個別医療機関での接種

使用ワクチン:ファイザー社製

「コロナワクチンナビ」はこちら

  1. 医療機関の予約の空き状況を「コロナワクチンナビ」から確認してください。
  2. 接種予約は、可能である各医療機関へ直接連絡をお願いします。(○もしくは△となっている医療機関のみ予約が可能です

※市内各医療機関では、通常の診療も行っています。ご予約・お問い合わせの際は、ご配慮ください。

年齢の高い順に年齢を区切って予約を受け付けています。

予約可能日の年齢別スケジュールはこちら

コールセンターで予約できる医療機関

(コールセンターのみで予約受付)
・東名病院
(コールセンター、クリニックとも予約受付)
・愛知淑徳大学クリニック(コールセンターは毎週火曜日接種分のみ)
・まみレディースクリニック
・こせんじょう通あんどうクリニック
・図書館通りクリニック

お知らせ

クーポンの発送

  • 満12歳以上のすべての方にクーポンを発送しました。

※12歳(平成21年7月1日生まれ以降)については、誕生月の各月末に発送します。

※封筒宛名面に年代別の予約開始日が分かるように、シールを貼付しています。
市民の手元へ早急にクーポン券をお届けするため、またご自身の予約開始日をわかりやすくするために貼付しましたのでご理解くださいますようお願いします。

 

  • クーポンが届いていない方は、コールセンターまでご連絡ください。

予約支援を行います

電話やインターネットでの予約方法がわからない人に対し、市職員や地域の人の協力を得ながら、予約支援を実施します。

詳細は、こちらをご確認ください。

接種券

満12歳以上のすべての人にクーポンを発送しました。

※12歳(平成21年7月1日生まれ以降)については、誕生月の各月末に発送します。

クーポンが届いていない方は、コールセンターまでご連絡ください。

封筒宛名面に年代別の予約開始日が分かるように、シールを貼付しています。
市民の手元へ早急にクーポン券をお届けするため、またご自身の予約開始日をわかりやすくするために貼付しましたのでご理解くださいますようお願いします。

予診票

ファイザー社製、武田/モデルナ社製、いずれのワクチン接種も同じ予診票の様式です。

5月28日付で予診票が変更されています。市から一斉発送で送付している予診票は旧様式です。旧様式でもご使用いただけますが、新様式をご使用されたい方は、厚生労働省HPからダウンロードが可能です。

予診票の変更点

その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいと言われましたか。」の問いが削除されています。
厚生労働省によりますと、事前に医師への問い合わせが必須であるとの誤解を生じている例があること等を踏まえて、削除されています。

12~15歳のお子さんの保護者の方へ

集団接種会場では12~15歳のお子さんは原則保護者の同伴が必要です。

(個別接種については各医療機関に直接お問い合わせください。)

保護者が特段の理由で同伴できない場合は普段からお子さんの健康状態を熟知する親族等で適切な方が同伴してください。予診票の署名欄は保護者が署名をしてください。保護者が署名できない場合は、保護者の意向を確認したうえで、同伴する方が代筆してください。その際、署名欄には保護者の名前と代筆者である同伴者の名前、お子さんとの続柄を記入してください。接種の際は母子手帳をお持ちください。

16~19歳の方へ

16歳以上の方は、本人の同意のみで接種を受けることができます。予診票の署名欄には接種する本人の名前を署名してください。

住所地以外で接種を希望される方へ

新型コロナワクチン予防接種は原則、住民登録をしている自治体で接種することとなっています。しかしながら、やむをえない事情がある場合は、住所地以外であっても、ワクチン接種を行う医療機関が存在する市町村へ事前に申請をしていただくことで、接種を受けることができます。

※本市で予約受付開始をしていない年代の人が住所地外接種を希望される場合、事前に住所地外接種届を申請することはできますが、接種予約はお待ちいただくこととなります。例えば、本市が45歳以上の予約申し込みの時期に他市の44歳以下の人でクーポン券をお持ちの場合、同年代の予約受付が開始するまでは予約をお待ちいただくこととなります。

住所地以外での接種には、手続きが必要です

・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

 

以下の場合、手続きは不要です。接種の際に医療機関等へお伝えください。

・入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
・基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
・災害による被害にあわれた方
・勾留又は留置されている方、受刑者

届出方法

1 コロナワクチンナビでの申請

コロナワクチンナビでの申請の場合、即時発行ができます。申請をしていただき、住所地外接種届出済証画面を印刷していただくか、画面キャプチャーを取得していただきます。集団接種会場・個別医療機関会場では印刷した届出済証か、画面キャプチャーをご提示ください。

コロナワクチンナビ住所地外接種届出

2 郵送・もしくは窓口での申請

住所地外接種届出書とクーポン券(接種券)の写しの提出をお願いします。提出後、市から届出済証を送付しますので、接種の際に医療機関等へ提示してください。

住所地外接種届出(PDFファイル:34.5KB)

クーポン券(接種券)を紛失した場合

クーポン券を紛失・汚損等をした場合、クーポン券(接種券)の再発行が必要です。再発行をご希望の方はコールセンターへお電話ください。

長久手市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター 0561-56-0120

また、郵送(長久手市健康推進課)等でも受付をしています。

再発行申請書(PDFファイル:28.8KB)

クーポン券(接種券)の送付先を変更したい場合

長久手市に住民票を登録されている方で、やむを得ない理由により住民票登録地以外へ接種券の送付を希望する方は、次の様式により送付先変更届出書を提出してください。

送付先変更届出書(Excelファイル:11.1KB)

健康推進課窓口、もしくは郵送で受付しています。

長久手市に転入したときは(再発行)

長久手市に転入された方でクーポン券を再発行希望される方は健康推進課でお手続きが必要です。(4月26日以降)

転入前の自治体からクーポン券が送付されている場合は、クーポン券を持ってきてください。

新型コロナワクチン接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(転入者用)(PDFファイル:61.8KB)

長久手市から転出する場合

長久手市から転出する場合、転出後は長久手市のクーポン券は利用することができません。接種は接種日当日に住民登録のある自治体が発行するクーポン券が必要となります。転出する場合は、転出先の自治体へクーポン券を持参し、再発行を依頼してください。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行

本接種証明書は諸外国への入国時の防疫措置の緩和などのため、諸外国にワクチン接種の証明を求められた場合に利用します。

※本証明書は、現に海外渡航の予定がある方のみが交付対象です。

※海外渡航予定がない方の予防接種の証明は、接種券に添付されている予防接種済証(接種会場で接種時にシール貼付)により行いますので、接種後は大切に保管してください。

外務省海外安全ホームページで、海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧が掲載されています。

申請対象者

新型コロナウイルスワクチンを接種した方で、海外渡航の予定がある方

※接種時の住民票所在地が発行します。1回目接種時は長久手市、2回目はA市だった場合、長久手市は1回目のみを証明します。

申請方法

窓口(健康推進課)または郵送

窓口の場合、即日発行可能ですが、接種履歴の確認が即座にできない場合は、翌日以降の発行となります。

郵送申請の場合は、証明書発行までに1週間程度かかります。

申請に必要な書類

ア 予防接種証明書(交付申請書)

イ 旅券(パスポート)又はその写し (旅券番号、ローマ字氏名が確認できるように複写してください)

ウ 接種済証または接種記録書の写し

以下は必要に応じてご用意ください

エ 代理人(同居家族含む)が申請する場合は、代理人の本人確認書類の写し。未成年者の証明書が必要な場合、保護者が申請をしてください。

オ 旅券に旧姓・別姓・別名を使用している方は、そのことが確認できる書類の写し

カ 接種済証・接種記録書を紛失された方は、マイナンバーが確認できる書類または住所記載の本人確認書類の写し

キ 送付先が申請者又は請求者以外の住所の場合、送付先が確認できる資料の写し

交付申請書(PDFファイル:159.7KB)

 

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 健康推進課 母子保健係
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-63-3300
ファックス:0561-63-1900

メールフォームによるお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか