子宮頸がんワクチン予防接種の積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への対応について

更新日:2022年06月06日

子宮頸がんワクチン予防接種の積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への対応について

子宮頸がんワクチン予防接種の積極的な勧奨の差控えにより接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった方に対し、キャッチアップ接種を実施することが国の方針で決まりました。

対象者

積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女子

実施期間

令和4年4月から令和7年3月までの3年間

その他

上記実施期間外に接種した場合は自費となりますのでご注意ください。

5月18日に令和3年3月時点で長久手市に子宮頸がんワクチン3回目の接種歴がない方に対して、通知を郵送いたしました。

必ず、親子(母子)健康手帳を持参のうえ、接種をしに行ってください。

※長久手市に転入してこられた方で、以前居住していたところで子宮頸がんワクチンを既に3回接種されている方でも、長久手市に接種歴の記録がないため、今回の通知がお手元に届いている場合があります。その場合は、通知を破棄してください。

 

 

参考

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 健康推進課
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-63-3300
ファックス:0561-63-1900

メールフォームによるお問い合わせ

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか