ホーム > 子育て・教育 > 総合教育会議 > 長久手市教育大綱

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

長久手市教育大綱

 はじめに

 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正に伴い、市長が教育委員会との協議・調整の場である総合教育会議を設置し、教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱(以下「教育大綱」という。)を定めることとなりました。

 本市は当分の間、人口が増加すると予測しているものの、その後は超高齢、人口減少社会が到来します。この新しい時代に対応するには、多様な価値観を認め合い、誰もが幸せに感じる社会を築いていけるよう、まちづくりの当事者となる人材を育てていく必要があることから、教育大綱を定めます。

 

 教育理念       

 人間力を育み いつまでも健やかで夢と生きがいを持ち 成長できる人づくり

 ~自然共生・地域共存・多様性尊重

 

  教育理念の解説(PDF:62KB)

 

 教育方針

   現代社会は、物質的な豊かさや快適さを追い求めてきました。その過程において、地域や家庭の絆、つながりが希薄化し、いじめや引きこもり、虐待など様々な社会のひずみは、さらに深刻化してきました。私たちは今、これまでの価値観を見直す時期に来ています。

  そこで、人が人らしくあるために不可欠な次の3つの方針を、教育のあり方を考える上での根本に据えて、人づくりに取り組んでいきます。

  1 自然の大切さ、命の尊さを学び、自然と共生する

  2 地域で家庭や学校を支え、関わり合いながら、向上心をもって、ともに成長する

  3 多様な人々の存在や価値観を認め合い、まざって暮らす

 

 教育方針の解説(PDF:74KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室総合政策課 

電話:0561-56-0634(政策調整係) 

225

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?