ここから本文です。

更新日:2018年12月7日

長久手田園バレー基本計画

 このたび、「農のあるくらし・農のあるまち」の実現を目指し、「長久手田園バレー基本計画(改訂版)農あるくらし」を策定しました。

 

長久手田園バレー基本計画(改訂版) 農あるくらし(PDF:4,452KB)

策定の主旨

  長久手田園バレー基本計画は、策定から平成25年度末で12年が経過し、その間田園バレー事業は、あぐりん村の開設等多くの成功を収めてきました。
この間、社会情勢や本市の農をとりまく状況も大きく変化したため、それを反映し、次なるステップに進むために、改訂を行いました。

計画期間

平成26年度から平成35年度までの10年間

計画の概要

 「農」の保全、活用はもとより、「農」の多様な役割-環境保全、癒し、健康・福祉、交流、教育などーを様々なまちづくりに生かし、市民が「農」を通して役割や居場所を見つけ、幸福に過ごすことができるよう、主体となって取り組む5つのプロジェクトを柱とした計画です。

策定のポイント

 

-市民主体で進める重点プロジェクトを掲げています。
-公募市民31人で行ったワークショップにてプロジェクト内容を検討しました。

(ワークショップでの検討結果、様子はこちら

-より市民が親しみが持てる計画書とするため、愛知県立芸術大学の学生の描いたイラストを活用しました。
 将来目指すべき方向

上図:計画P14・15 「将来目指すべき方向」のイラスト

関連ページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部みどりの推進課 

電話:0561-56-0620(農政係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?