さくら植樹祭を開催しました

更新日:2021年03月30日

令和3年2月27日、さくら植樹祭を開催しました。

市では、公園西駅周辺地区で「環境配慮型まちづくり」を行っており、エリア全体の積極的な緑化を行っているほか、市内全域で「緑の基本計画」に基づき、緑の創出や保全を行っています。

リニモ公園西駅の駅前通り線についても、これらに基づき街路樹を植える計画とし、樹種の選定等を進めてきましたが、今回は、公益財団法人日本さくらの会からカワヅザクラの苗木をご提供いただけることとなりましたので、環境に配慮した新しいまちを、カワヅザクラの桜並木で彩ることとしました。植樹については木に関心と愛着を持っていただけるよう、市民の皆さんが自ら植樹を行う市民参加型イベントとしました。

植樹の際の技術指導にも、日本さくらの会・愛知の会員の皆さんのご協力をいただきました。

参加者37組の募集を行いましたが、募集を大きく上回る53組161名ものご参加を頂き、大変盛況なイベントとなりました。ありがとうございました。

参加された皆さんは、カワヅザクラの里親になった気持ちで、木に愛着を持っていただいて、桜の生長を見守っていただきたいと思います。環境に配慮し緑の創出や保全を行う市の取り組みに、今後ともお力添えいただけますよう、よろしくお願いいたします。

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか