ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

給食センターがおくる
子どもたちの人気メニュー

毎月19日は食育の日

小あじの南蛮漬け

あじは日本近海でとれる魚で、くせがなく味のよい魚として親しまれてきました。しかし、近年、近海ものの漁獲量が減ったため、輸入ものに頼らざるをえない時代になりました。

あじの栄養成分の特徴は、たんぱく質やカルシウムが豊富な魚であるということです。脂質は8%前後ですが、EPAやDHAを多く含みます。近海を回遊しているあじは、関東では初夏にたくさんとれるので、旬はこの時期といわれています。北の方では秋にとれ、九州の方では冬にとれます。あまり移動しないあじで有名なのは、大分県の佐賀関の「関あじ」です。今回給食で使用したあじは長崎県でとれた「まあじ」で、骨まで食べられるようにやわらかくしてあります。 (平成20年10月15日)

当日のメニュー

  • ごはん
  • 牛乳
  • きのこ汁
  • 小あじの南蛮漬け
  • ミニトマト

栄養価(1人当たり)

  • エネルギー 139kcal
  • たんぱく質 8.0g
  • 脂質 6.2g
  • 塩分 1.1g

材料(4人分)

  • 小あじ 8個(160g)
  • 食塩 0.5g
  • でんぷん 15g
  • 揚げ油 適宜
  • にんじん 20g
  • たまねぎ 40g
  • 上白糖 20g
  • 濃い口しょうゆ 24g
  • 本みりん 12g
  • 米酢 12g
  • 一味唐辛子 適宜

作り方 

  1. あじは、頭と内臓をとり、下ごしらえする。水気をふきとり、ふり塩をして、でんぷんをつけて、揚げる。(かりっとするまで揚げた方がおいしい。ちなみに、給食センターでは、180℃で6分ほど揚げました。骨が気になる方は、普通の大きさのあじを3枚おろしで試してください。)
  2. にんじん、玉ねぎは、薄くせん切りにする。
  3. みりん、上白糖を鍋に入れて火にかける。砂糖が溶け、アルコールがとんだら、しょうゆを入れ、野菜を入れてひと煮立ちさせる。仕上げに酢と唐辛子を入れてたれを作る。
  4. 1のあじを、揚げたてのうちに3に漬け込む。

お問い合わせ

教育委員会給食センター 

電話:0561-62-3910

ファックス:0561-62-5029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?