ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

給食センターがおくる
子どもたちの人気メニュー

毎月19日は食育の日

切り干し大根サラダ

愛知県の尾張地方では、冷たい伊吹おろしの吹く12月から2月頃までの間に切り干し大根づくりをします。昔は、冬に収穫できるのは、ねぎ・もち菜・大根・ごぼう・ほうれんそうくらいで、切り干し大根は野菜の少ない冬には、保存できる大事な栄養源でした。 太陽の光をいっぱい浴びて、生のときの辛さがなくなり、甘くなります。また、食物繊維やカルシウムなどのミネラルが濃縮されて入っているすばらしい食材です。みそ汁の具にした り、油揚げといっしょに砂糖、しょうゆで煮付けたりしますね。給食ではサラダにして歯ごたえよく仕上げました。

平成20年3月17日のメニューは「クロロールパン牛乳クラムチャウダー切り干し大根サラダ、オレンジ、マーガリン」でした。

栄養価(1人あたり)

  • エネルギー 144kcal
  • たんぱく質 3.6g
  • 脂質 11.4g
  • 塩分 0.9g

材料(4人分)

  • 切り干し大根 25g
  • にんじん 30g
  • きゅうり 70g
  • ロースハム 60g
  • 砂糖 4g
  • こいくちしょうゆ 5g
  • 米酢 5g
  • いりごま 5g
  • マヨネーズ 30g

作り方

  1. 切り干し大根は洗って水でもどし、食べやすい長さに切る。
    にんじんはせん切りにし、ゆでて冷ます。きゅうりもせん切りにし、塩ふりして、水を切る。ロースハムは短冊にする。
  2. 砂糖・しょうゆ・酢・マヨネーズでドレッシングを作り、1をあえる。いりごまを振り混ぜ、出来上がり。

(給食センターでは、衛生上すべてゆでて火を通しました。また、マヨネーズは食べる直前にクラスでかけてもらいました。)

給食センターでの調理風景

お釜で材料を混ぜます。切り干し大根22kg、にんじん26kg、きゅうり67kg、ロースハム53kgを使いました。

 

クラスの人数分、注ぎ分けていきます。

お問い合わせ

教育委員会給食センター 

電話:0561-62-3910

ファックス:0561-62-5029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?