ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

給食センターがおくる
子どもたちの人気メニュー

毎月19日は食育の日

五目ごはん

五目ごはんは、鶏肉、ごぼう、しいたけ、にんじん、油揚げなどを細かく刻み、しょうゆとさとうであまからく味付け、炊き上がったごはんに混ぜたものです。混ぜごはん、かやくごはん、骨董(こっとう)飯(はん)ともいわれます。
この地方では、農作業で忙しいとき、ごはんとおかずを一緒に食べられるように、五目ごはんがよく作られたそうです。省略して「ごも」と呼ぶ地域もあります。ごはんの具も、それぞれの家庭によって特徴があり、また、季節によっても異なり、季節感・家庭の味を感じられる料理です。みなさんのご家庭はどのような五目ごはんでしょうか。ここでは、12月19日に給食センターで炊いた五目ごはんを紹介します。

五目ごはん

材料(4人分)

  • 白米 190g
  • もち米 65g
  • 鶏肉 100g
  • ごぼう 70g
  • にんじん 50g
  • かまぼこ 20g
  • 油揚げ 20g
  • 干ししいたけ 4g
  • 炒め油 適宜
  • 砂糖 大さじ1
  • 濃口しょうゆ 大さじ2
  • 本みりん 小さじ1
  • 清酒 小さじ1
  • 水 340cc

作り方

  1. 米をといで、30分以上浸漬させ、水をきる。
  2. ごぼうはささがきに、にんじんはみじん切り、油揚げは小口から切って油抜きをする。かまぼこはいちょう切り、干ししいたけはもどしてみじん切りにする。
  3. 鍋に油をひいて、鶏肉を酒をふり入れて炒める。さらにごぼう、にんじんを加えて炒める。ほししいたけ、かまぼこ、油揚げを加え、砂糖、みりん、しょうゆで味をつける。
  4. 分量の水を加え、味がよければ沸騰したところへ1の米を入れ、よく混ぜ、強火で炊く。
  5. 5分後、再度よく混ぜる。
  6. 5分後弱火にし、10分炊く。
  7. 火を切って、15分以上蒸らす。

※この方法は大量調理に向く「湯炊き」と呼ばれる炊飯方法です。ご家庭では、水加減して味を整え、材料を加えて炊き上げるか、炊き上がったごはんに味付けして煮た具を混ぜ込む方法がいいかと思います。

栄養価(1人当たり)

  • エネルギー 372kcal
  • たんぱく質 10.6g
  • 脂質 6.6g
  • 塩分 1.4g

五目ごはんができるまで ~給食センターでの調理風景~

鶏肉を炒めます

鶏肉を炒めます。

他の具も入れて炒めます

他の具も炒めて味付けします。

お米を入れて混ぜます

沸騰したところへお米を入れ、よく混ぜます。

炊き上がりです

おいしく炊き上がりました。

一度につくるので、こんなにたくさん!

さぁ、配缶です。

1クラスごとの缶に分けていきます

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?