ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

給食センターがおくる子どもたちの人気メニュー

カリフラワーのオーロラソース

カリフラワーはきゃべつの仲間で、花のつぼみの部分を食用にしています。カリフラワーはブロッコリーとともに、東地中海沿岸の島々に分布する不結球の野生種のきゃべつがルーツです。日本には明治に渡来し、ブロッコリーより先に普及しました。日本では白色のものが主体ですが、紫色のものやオレンジ色のものなどもあります。

カリフラワーはなんといってもビタミンCの多いのが特徴です。ビタミンCは、ウィルスに対する抵抗力をつけたり、かぜの予防に効果があります。ビタミンCは細胞どうしをつなぐ役目をしているコラーゲンの形成に関与し、細胞を丈夫にするので、肌を美しくしてくれます。食物繊維も多く、便通をよくし腸内にたまった老廃物を排出してくれます。

カリフラワーの旬は冬。最近、店頭にも出回りはじめました。マヨネーズあえだけではなく、マヨネーズにケチャップを混ぜたオーロラソースは、カリフラワー独特の香りが緩和されて食べやすいと、好評です。ぜひ、おためしください。

材料 4人分

  • カリフラワー・・・・・・・・160g(中1/2株)
  • パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・5g
  • マヨネーズ・・・・・・・・・・・大さじ2・1/2
  • ケチャップ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

作り方

  1. 塩と酢(または小麦粉)をいれた熱湯で、カリフラワーをゆでる。
  2. パセリをみじん切りにする。
  3. マヨネーズとケチャップを混ぜ合わせ、カリフラワーと和え、パセリを散らす。

一人分の栄養価

  • エネルギー 88kcal
  • たんぱく質 1.3g
  • 脂肪 4.5g
  • 塩分 0.1g

カリフラワーのオーロラソースの写真

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?