ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

給食センターがおくる子どもたちの人気メニュー

ビィシソワーズ

材料 4人分

  • じゃが芋 (中)2個
  • たまねぎ (中)1/2個
  • パセリ 少々
  • ブイヨン 700ml(固形スープ1個)
  • スキムミルク 50g
  • 生クリーム 大さじ2杯
  • バター 大さじ1/2
  • 塩、こしょう 少々

ビィシソワーズの写真

作り方

  1. じゃが芋は、縦半分に切り1cm巾にきる
  2. たまねぎは、うす切りにする。
  3. なべにバターを溶かし、弱火でたまねぎが、しんなりするまで炒め、じゃが芋を入れさらに炒め、ブイヨンを入れ煮たったらアクをとりながら軟らかくなるまで煮る。塩、こしょうで薄めに味をつけておく。あら熱が取れたら、ミキサーにかける。
  4. なべにもどし、湯で溶かしたスキムミルクを入れ加熱し、生クリームを入れて味を整え冷蔵庫で冷やす。
  5. 器に盛りパセリを散らして出来上がり。(ポイント・器も冷やしておくとgood)

一人分の栄養価

  • エネルギー 151Kcal
  • たんぱく質 6.9g
  • 脂肪 4.9g
  • 塩分 0.2g

暑い夏、ホワイトルーを作らず、とろ~り、冷たいスープは気分をおだやかにさせてくれます。

じゃが芋のビタミンCは、熱を加えても壊れにくいのが特徴です。暑さでストレスが多く、ビタミンCを必要とするこの時季には、ありがたい食材です。また「カリウムの王様」と呼ばれるほどカリウムを多く含み、余分な塩分を体外に排出し、ナトリウムとカリウムのバランスを保ち、高血圧の予防、腎臓病などに効果があるといわれています。たまねぎには、辛み成分である硫化アリルを含みます。この成分がビタミンB1の吸収を助け、夏バテや疲労回復に役立ちます。そして、スキムミルクは、低カロリー、良質なたんぱく質、豊富なカルシウム、脂肪の代謝を活発にして、肥満を予防するビタミンB2を多く含んでいます。

成長期のこどもから、お年寄りの方まで、ぜひお薦めしたい冷たい一品です。 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?