ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

給食センターがおくる子どもたちの人気メニュー

船場汁

大阪の船場(大阪市中央区の問屋街・ビジネス街)は、明治・大正時代、全国の商いを一手にになう商業の中心地でした。四国・九州など全国からたくさんの奉公人が集まり、船場独特の料理が生まれました。船場汁もそのひとつです。船場汁は、鯖の骨やあらでだしをとって作る、船場ならではの質素倹約の料理です。給食では、少しアレンジをして、鯖の骨やあらではなく、まぐろの水煮缶詰を使って作ります。

材料 4人分

  • まぐろ水煮缶詰・・・・・・・・・・・・120g
  • 大根・・・・・・・・・・・・・・・10cmくらい
  • にんじん・・・・・・・・・・・・・・8cmくらい
  • ほうれんそう・・・・・・・・・・・・・・1/3束
  • しめじ・・・・・・・・・・・・・・・1/2パック
  • あさつき・・・・・・・・・・・・・・・・1/2束
  • だし昆布・・・・・・・・・・・・・・・・・5cm
  • けずりぶし・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
  • うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・大さじ1弱
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・4~5カップ

船場汁の写真

作り方

  1. だし昆布とけずりぶしでだし汁をとる。
  2. 野菜は食べやすい大きさに切る。ほうれんそうはゆでておく。
  3. だし汁にだいこん・にんじんを入れて煮る。あくを取り、しめじを入れる。
  4. 野菜に火がとおったら、まぐろと酒を入れて煮る。
  5. うすくちしょうゆと塩で調味する。ねぎとほうれんそうを散らして、出来上がり。

一人分の栄養価

  • エネルギー 167kcal
  • たんぱく質 5.8g
  • 脂肪 0.3g
  • 塩分 0.9g

*本場の船場汁は、塩鯖のあら(頭と中骨)を使って作ります。

4人分材料

  • 塩鯖のあら・1尾分
  • だし昆布・15cm
  • だいこん・10cm
  • 葉ねぎ・1/2束
  • 水・5カップ
  • 酒・大さじ2
  • 塩・適宜

作りかた

  1. 塩鯖はぶつ切りにして、熱湯にさっととおし、表面が白くなったら、水にとる
  2. なべに、だし昆布・水・水気をとった鯖を入れて煮る。あくを取る。
  3. だいこんを入れて煮て、味をみて塩で味を調え、最後に酒を入れる。
  4. 椀に盛り、ねぎを散らす。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?