ここから本文です。

更新日:2014年10月9日

ポークビーンズ

DSCN0511.JPG  ポークビーンズは、アメリカの家庭料理の一つであり、白いんげん豆と豚肉をトマト味で煮込んだものです。豚肉の代わりにベーコンなどを用いることも多いです。

 給食では、白いんげん豆のかわりにたんぱく質が豊富な大豆を使います。大豆は、植物性たんぱく質や脂肪を豊富に含み「畑の肉」と呼ばれています。エネルギーが低めでコレステロールもなく、食物繊維も豊富なので、生活習慣病予防にぴったりです。他にも、鉄やカルシウム、ビタミンB群も豊富な大豆は、大人も子どももしっかり食べてほしい食品です。

 ここでは、9月11日に給食センターで作られたポークビーンズを紹介します。

材料(4人分(子ども6人分))

  • 豚もも肉薄切り  120g
  • 乾燥大豆   100g (水煮大豆の場合は240g)
  • 玉ねぎ  175g (大1個)
  • にんじん  60g(中半分)
  • じゃがいも  120g(中1個)
  • パセリ  5g
  • バター  12g
  • 食塩  0.6g(少々)
  • 白こしょう  0.24g(少々)
  • 赤ワイン  12g(大さじ1)
  • カレー粉  0.24g(少々)
  • 三温糖  5g(小さじ2)
  • 粉チーズ  9g(大さじ1と1/2)
  • トマトケチャップ  100g(1/2カップ)
  • デミグラスソース  24g(大さじ1と1/2)
  • ブイヨン  30g(大さじ2)
  • ウスターソース  12g(小さじ2)

作り方

  1. 乾燥大豆を洗い、一晩水につけておく。
  2. 多めの水で大豆を柔らかくなるまで煮る。この時、煮汁を取っておく。
  3. 玉ねぎ、にんじん、じゃがいもは1.5cm角切り、パセリはみじん切りにする。豚肉は、4cmくらいの大きさに切る。
  4. 鍋を火にかけ、バターを溶かして豚肉を入れ、塩、こしょう、赤ワインをふって炒める。
  5. 玉ねぎとカレー粉を入れ、玉ねぎが透明になるようによく炒める。
  6. にんじん、じゃがいもを加え、軽く炒めたら、ブイヨン、大豆、砂糖、煮える程度の大豆の煮汁(大豆の煮汁がない場合は水)を加える。
  7. こまめにあくを取り、じゃがいもが煮えるまで煮る。
  8. 粉チーズをふるい入れ、トマトケチャップ、デミグラスソース、ウスターソースを入れる。
  9. よく混ぜながら煮込む。塩、ソース、砂糖で味を調える。
  10. パセリを散らして出来上がり。  

栄養価(子ども1人当たり)

  • エネルギー  182kcal
  • たんぱく質  12.2g
  • 脂質  6.4
  • 塩分  0.9g

お問い合わせ

教育委員会給食センター 

電話:0561-62-3910

ファックス:0561-62-5029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?