ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

ペンネのトマト煮

  ペンネはイタリア語で「ペン(複数形)」の意味です。筒状の短いパスタで、形がペン先に似ているので、そう呼ばれています。特に表面に細かい溝がついているものは、その溝のおかげでソースとからみやすくなっています。pennenotommatoniphoto

 子どもたちに人気のトマト味です。缶詰を使うので一年中作れますが、旬の季節には生トマトを刻んで加えてもよいでしょう。また、色合いからクリスマスのごちそうにもぴったりです。

  作り方(印刷用)(PDF:144KB)

材料(子ども4人分)

  • たまねぎ               120g(2分の1玉)
  • にんじん               40g(4分の1本)
  • グリンピース(冷凍可)       12g(小缶を使う場合5分の1缶)
  • ペンネ                 60g
  • オリーブ油               2g(小さじ2分の1杯)
  • 豚ひき肉                     80g
  • 赤ワイン                      4g(小さじ1杯)
  • 塩                               0.4g(ひとつまみ)
  • チキンブイヨン                  40g(なければコンソメを小さじ2分の1杯)

  [調味料A]

  • トマト缶(ダイスカット)       28g(約大さじ2杯)
  • トマトケチャップ           24g(大さじ1と5分の3杯)
  • ウスターソース            5g(小さじ1杯弱) 
  • 三温糖(なければ上白糖で可)  4g(小さじ1杯)
  • デミグラスソース          12g(大さじ1杯弱)

作り方

  1. たまねぎ、にんじんはみじん切りにする。
  2. 生又は冷凍のグリンピースは下ゆでしておく。(缶詰やパウチ品は下ゆでなし可)
  3. ペンネは表示時間どおりにゆで、ザルにとって湯を切っておく。
  4. なべを中火にかけ、オリーブ油をひき、豚ひき肉を軽く炒め、赤ワインを加える。
  5. 4のなべに1の野菜を加えて炒め、塩を加える。
  6. 5のなべの肉、野菜が炒まったら、チキンブイヨンを加える。
  7. 3のペンネと調味料Aを加え、沸騰してきたら弱火にして煮込む。
  8. 仕上げにグリンピースを加えてできあがり。  

<調理のポイント>

  • 生のトマトを使うときは、トマト2分の1個(70g)を目安にしてください。
  • ペンネをゆですぎると食感が変わりますので、ゆですぎないように注意してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会給食センター 

電話:0561-62-3910

ファックス:0561-62-5029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?