ホーム > 健康・福祉・長寿 > ひとり親家庭 > ひとり親家庭日常生活支援事業

ここから本文です。

更新日:2013年12月2日

ひとり親家庭日常生活支援事業

ひとり親家庭が日常生活を営むのに支障が生じた時に、生活の安定を図ることを目的に、生活を支援する者を派遣する事業です。

対象者

一時的に生活支援、子育て支援が必要となったひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)

派遣事由

次の事由が生じた場合に利用ができます。

恒常的な事由は非該当です。

  • (1)自立促進に必要な事由
    技能取得のための通学、就職活動など
  • (2)社会的事由
    疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、残業、転勤、出張及び学校等の公的行事への参加など
  • (3)ひとり親家庭となって間がないなど生活環境が激変し、日常生活を営むのに支障が生じている状態

支援内容

  • 乳幼児の保育 
  • 児童の生活指導
  • 食事の世話 
  • 住居の掃除
  • 身の回りの世話 
  • 生活必需品などの買物
  • 医療機関などとの連絡 
  • その他必要な用務

利用料

利用料は無料です。

(注)

派遣回数は1ヶ月5日間(1日おおむね8時間以内)までとします。ただし、状況に応じ相談により対応します。

利用方法

事前に対象家庭としての登録が必要ですので、市役所子育て支援課に登録申請をしてください。

登録申請をされると、後日市役所から「派遣登録決定書」が送付されます。登録決定後は、派遣依頼事由が生じた場合に、登録事業所に直接連絡を入れ、派遣申込書を事業所に提出すると、登録事業所から派遣決定通知書が発行され、家庭生活支援員が派遣されます。

お問い合わせ

子ども部子ども家庭課 

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?