ホーム > 都市整備 > 都市計画 > 建築指導関連 > 長久手市美しいまちづくり条例(開発協議関係)

ここから本文です。

更新日:2019年8月20日

長久手市美しいまちづくり条例(開発協議関係)

 市では、市内における無秩序な開発を防止し、良好な住環境を形成するため、一定の開発事業の施行に際し、法令に基づく許可申請等の手続きの前に規則に定める基準により市と協議することとしています。

 条例第7条第1項に規定する

  1. 開発区域の面積が500平方メートル以上の開発行為
  2. 中高層建築物(高さが10メートルを超える建築物、第1種低層住居専用地域及び第2種低層住居専用地域にあっては軒の高さが7メートルを超える建築物をいう。)の建築
  3. 敷地面積が500平方メートル以上の建築物の建築
  4. 計画戸数が6戸以上の分譲住宅、共同住宅、長屋、寄宿舎その他これらに類する建築物の建築
  5. 不特定多数又は特定多数の者が出入りする店舗、事務所、工場、倉庫等の建築

 これらの開発事業は「開発協議」の対象となります(事業者自らが居住の用に供する建築物の建築を除く)。

 なお、開発事業の区域の面積が5,000平方メートルを超える大規模開発事業の場合は、開発協議を行う前に「事前協議」が必要となります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部都市計画課 

電話:0561-56-0622

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?