ホーム > ごみ・環境 > 生活環境 > 守りましょう 犬や猫を飼う時のルール

ここから本文です。

更新日:2012年11月26日

守りましょう 犬や猫を飼う時のルール

飼い犬がしたフンは必ず持ち帰る!

家の前でフンをされて、困っている人がたくさんいます。

飼い犬がしたフンは、飼い主が必ず持ち帰ってください。

犬の放し飼いはしない!

犬の放し飼いは、県の条例で禁止されています。

「うちの犬はおとなしい」「かみつかないから大丈夫」などの思い込みは、思わぬ事故を引き起こしかねません。

犬を散歩させるときや公園などでは、引き綱をつけて十分に制御できる人が散歩させてください。

野良猫にエサを与えない!

安易に野良猫にエサを与えると、フン害など近所の迷惑になる上、不幸な猫を増やすことになりますので、エサを与えるのはやめてください。

避妊・去勢手術を受けさせましょう!

不幸な犬や猫を増やさないために、去勢・避妊手術を受けさせましょう。

市では、飼い犬・飼い猫の避妊・去勢手術の補助を行っています。

詳しくは、環境課にお問い合わせいただくか、市ホームページの該当ページ(http://192.168.254.7/cms8341/kurashi/petto/kankyou/kankyou_2_6.html)をご覧ください。

お問い合わせ

くらし文化部環境課 

電話:0561-56-0612

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?