ホーム > ごみ・環境・墓 > 長久手環境基本計画 > 白熱!カードゲームでSDGs!!~長久手の環境と世界のゴール~

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

白熱!カードゲームでSDGs!!~長久手の環境と世界のゴール~

SDGs(エス・ディー・ジーズ)という、世界193カ国の人々や企業が取組んでいる、世界中の人が幸せでい続けられるようにする目標について、カードゲームで体験するイベントを開催します。
大人向けではありますが、堅苦しいものではなく、目標達成のために、みんなとワイワイ協力しながら、ついつい白熱してしまいます。SDGsをよく知らない人でも楽しめるものです。
ゲームの後は、そのSDGsの考え方を使って、長久手のまちを良くするにはどうすればいいか、皆で考えてみます。

開催日時 2019年11月09日

9時30分~12時30分

開催場所

長久手市役所 西庁舎3階 研修室

対象

市内在住、在学または在勤で中学生以上の人

費用

無料

申込方法

10月2日(水曜日)から受付開始。環境課へ直接または電話にて申込み。先着順。定員30名。

その他

講師:奥村雄介(2030SDGs公認ファシリテーター)
愛知県春日井市生まれ、長久手市在住。古紙の中間処理業を営む興亜商事株式会社の代表取締役。現在、国内4社、海外2社の取りまとめを行う。

長久手環境基本計画とSDGs(エス・ディー・ジーズ)

SDGsは、2030年までに世界が目指す、持続可能な社会の実現に向けた17の目標です。 SDGsの大きな特徴として、1つの目標に向けた取組みがそのほかの目標の達成にもつながっていくことが挙げられます。第4次長久手環境基本計画は、ごみや自然などのことを考えつつ、さまざまな社会の問題にも貢献できる位置づけとなることを目指していきます。 

SDGsロゴ

 イベント詳細

第1部 カードゲーム「2030SDGs」
SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲーム。
「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、「SDGsによってどんな変化や可能性があるのか」を学びます。
大人向けではありますが、堅苦しいものではなく、みんなとワイワイ協力しながら、ついつい白熱してしまいます。SDGsをよく知らない人でも楽しめるものです。

第2部 ワークショップ「身近の環境とSDGs」
SDGsの考え方を使って、長久手がどうしたらもっと良いまちになるか、考えてみます。

 

カードゲーム「2030SDGs」とは

一般社団法人イマココラボが開発した、「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体験的に理解するためのゲームです。

詳しくは、イマココラボのホームページ(外部リンク)をご覧ください。

SDGSについて解説しているサイト

SDGsとは(イマココラボ)(外部リンク)

SDGsとは(外務省)(外部リンク)

お問い合わせ

くらし文化部環境課 

電話:0561-56-0612

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?