ホーム > ごみ・環境・墓 > ごみ・リサイクル > 家庭でいらなくなったコンクリートブロック、レンガなどを粗大ごみとして出すことができます。

ここから本文です。

更新日:2017年6月14日

家庭でいらなくなったコンクリートブロック、レンガなどを粗大ごみとして出すことができます。

 家庭でいらなくなったコンクリートブロック、レンガなどを粗大ごみとして出すことができるようになりました。料金については粗大ごみ受付センター(電話 0561-62-7110)へご確認ください。

 また、晴丘センター(電話 0561-54-1643)に持ち込むことができます。

粗大ごみ処理券1枚で出すことができる、それぞれの数

 コンクリートブロック 4個(39×19×10が一般的)   

 レンガ         10個(21×10×6が一般的) 

 タイル         10枚(25×25が一般的)  

 つけもの石      4個

 瓦            4枚

 物干し台        2台(1セット)

 側溝のふた      1枚  

 ※全て、家庭で使用していたものに限ります。
 ※一般的なサイズで換算していますので、実際の大きさによっては収集できる数が異なることがあります。

晴丘センターへ持ち込む際のルール

受付時間

 午前8時30分から午前11時45分

 午後1時00分から午後4時00分

晴丘センター処理費

 10kgあたり200円

1家庭が1か月に持ち込むことのできる量

 コンクリートブロック 20個   

 レンガ         50個 

 タイル         50枚(小さいものはバケツ一杯が10枚相当と判断する。)  

 つけもの石      20個

 瓦            20枚

 側溝のふた      5枚

 

お問い合わせ

くらし文化部環境課 

電話:0561-56-0612

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?