ホーム > ごみ・環境・墓 > 動物・ペット > 犬・猫の飼育マナー

ここから本文です。

更新日:2020年2月13日

犬・猫の飼育マナー

犬の飼い方

 犬が人間社会で生活するうえで、しつけはとても大切です。近年では災害時の同行避難や避難所での生活等の観点からも重要視されています。
 無駄吠え、とびつくなど、他人に迷惑をかけないよう、しつけを行い、飼い犬と楽しく暮らしましょう。
 また、マナーの良くない飼い主の存在は、犬自体が嫌われ者になってしまう原因にもなってしまいます。飼い犬と周りの人に思いやりを持って正しく飼いましょう。

★散歩中のフンの放置について

 散歩中にした犬のフンが放置され、近所に住む人が迷惑しています。万が一散歩中にフンやおしっこをした場合は、きれいに取り除き、フンは持ち帰り、おしっこは水で洗い流してください。

 フンの放置でお困りの方へ → イエローチョーク作戦を実施してみましょう。

いくつできていますか?犬の飼い方マナーチェック!

 □ 散歩に出かける前にトイレを済ませている。万が一、散歩中にフンやおしっこをした場合は、きれいに取り除き、フンは持ち帰り、おしっこは水で洗い流している。

 □ 散歩時、リードを適正な長さに保ち、ほかの通行人等に配慮している。

 □ 来客者などに配慮した場所で飼っている。

 □ 屋外で飼育している場合、夜中や朝方などに大きい声で鳴くときは、近隣に配慮して室内に入れている。

 □ 飼育場所はいつも清潔にしている。

 □ 名札、鑑札等を装着し、所有の明示をしている。→ページ内リンク「ペットを飼う前に」 

2 猫の飼い方

猫に必要な環境は、広い面積ではなく、高さです。思いっきり上り下りできる遊び場と、狭くて落ち着く場所があれば、室内飼育であってもストレスなく過ごせます。

猫は屋内で飼いましょう。

屋外飼育は猫にとって危険だらけ

・放し飼い中の交通事故による死亡(非常に多いです。)

・他の猫とのケンカによる大けが

・他の猫に悪い病気を移される。

など

屋外飼育はご近所トラブルの元に

・他人の家でフンをする

・他人の庭を荒らす

など

避妊・去勢について

去勢・避妊手術を施しておくことで、予想外の繁殖により飼えなくなってしまう、ということを防ぐことができます。

※飼い猫に対する避妊・去勢手術補助金制度はありません。

 

お問い合わせ

くらし文化部環境課 

電話:0561-56-0612

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?