ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成29年度) > 平成29年度第1回長久手市社会教育委員会

ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

平成29年度第1回長久手市社会教育委員会

開催日時

平成29年4月27日(木曜日)午前10時から午前11時30分まで

開催場所

長久手市役所西庁舎2階 第7・8会議室

出席者氏名(敬称略)

委員 岩田猛、松田真由美、今井智樹、川岸克枝、與語美津子、堀場哲明、金田綾子、中山弘之、久世千枝子、相原愛
事務局 くらし文化部長、くらし文化部次長、生涯学習課長、主幹(生涯学習担当)、
主幹(スポーツ担当)、文化の家事務局長、みどりの推進課平成こども塾担当課長

欠席者氏名(敬称略)

なし

審議の概要

議題
⑴ 平成28年度事業の事業報告について
⑵ 平成29年度の事業方針について
⑶ その他

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

2人

問合先

長久手市役所 くらし文化部 生涯学習課 生涯学習係
電話 0561-56-0627

会議録

<委員の委嘱について>

水野委員の辞任に伴い、相原委員の委嘱状を机上配付した。  

 

<議題 (1)平成28年度事業の事業報告について>

事務局 1.ア 生涯学習係について説明

委員長 公民館運営事業の利用状況について、すべての部屋で人数が減少しているが、考えられる原因はどのようか、対処方法はありますか。

事務局 利用状況の内容について細かい分析はできていませんが、平成28年度については、市民優先の施設であることを徹底して、公務利用について細かく審査を行いました。公務利用については、1件あたりの利用人数も多いため、若干影響があると考えられます。

委 員 色金山協働事業の茶室利用について、毎月第2日曜日に文化協会の先生方がお茶席を担当していますが、市内からか市外からかの調査を行いました。その結果、2対1、3対1の割合で市外からの利用が多かった。平成29年4月9日の茶会は、はじめて市内の参加者が多かったときいています。

 

事務局 1.イ スポーツ係について説明

委員長 ランニングコースの舗装をしていますが、舗装の材料は適していますか。

事務局 今回は排水性舗装と地面の温度上昇をおさえる素材で行いました。また、ランニングだけでなく子どもたちが遊んだり、散歩もしていますので使いやすいようにしました。なお、ランニングに関しては地面にメートルの表示をしています。

委 員 トレーニングルームの利用が少ないように感じます。利用率が上がるような魅力的なトレーニングルームにして頂きたいです。

 

事務局 2. 文化の家について説明

委 員 みらっせツアーについて教えてください。

事務局 参加者は当日行くところがわかるミステリーツアーです。ただし、文化の家に関係する、例えば芸術大学などに行く予定をしています。20人定員で満員となりました。市のバスで移動します。

 

事務局 3. 平成こども塾について説明

委 員 こども塾プログラムの定員を増やすことはできますか。

事務局 駐車場については、シンシアの丘と相互連携し使用しています。ただし、のこぎり等を使用するプログラムは、指導できる人数も限られますので定員の増加は難しいです。

委 員 当日キャンセルについてはどうお考えですか。

事務局 無断キャンセルの場合は、当日にこども塾から連絡しています。このことにより、無断キャンセルはほとんど無くなりました。

 

<議題 (2)平成29年度事業の事業方針について>

事務局 1.ア 生涯学習係について説明

委 員 古戦場公園に藤棚を作れませんか。

事務局 国指定史跡地の樹木の管理については再整備計画を作成中です。市民の皆さんの声を参考にさせて頂きます。

委 員 俳句大会の代わりの事業はありますか。

事務局 子どもから大人まで楽しめる事業を検討していきます。

委 員 補助金交付団体・交付額の変更について教えてください。

事務局 前熊古典芸能保存会につきましては、あいち山車まつり日本一協議会の加入を前提に増額します。

PTA連絡協議会については、会員の増加があり金額増加をしました。

委 員 パークマネージメント組織はどのように古戦場公園に関わっていきますか。また、今後、管理はどのようになる方向性ですか。

事務局 郷土史研究会やさくらの会、弓道会等を含めた市民の方々によって古戦場公園の管理運営について考えていける組織としたいと考えています。また、今後の指定管理や直営は未定です。

 

事務局 1.イ スポーツ係について説明

委 員 公民連携手法の具体的な導入方法は何ですか。

事務局 新しい体育施設については、スポーツ施設基本構想に従い、市だけでなく民間(企業)と連携した事業の開催や、体育施設管理をしていくことを検討しています。例として、PPP手法を用いて、スポーツメーカーや建築会社などと連携して用地整備を行うことなどが挙げられます。PPPの手法が成立すれば、民間の管理も考えられます。

 

事務局 2.文化の家について説明

委 員 まちなか事業・市民参画事業は今年も行いますか。

事務局 行います。

 

事務局 3.平成こども塾について説明

委 員 かまど利用について、大人も利用できる設備とできませんか。

委員長 子どもの教育につながっていく活動であれば、大人の利用について検討していきます。

 

<ながくて・学び・アイ講座審査員の決定について>

松田委員、今井委員、堀場委員を委員長から指名。

 

<その他>

事務局 次回以降の日程ですが、6月22日に平成こども塾の見学があります。ご出席をお願いします。

以上を持ちまして、平成29年度第1回長久手市社会教育委員会を終了いたします。ありがとうございました。

  

  資料(PDF:1,523KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-62-1451(生涯学習係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?