ホーム > 交流・コミュニティ > 自治会・地域の交流 > まちづくり懇談会 > あったか町政懇談会での意見・要望等 下山集会所(20年度)

ここから本文です。

更新日:2008年6月1日

あったか町政懇談会での意見・要望等

あったか町政懇談会での意見・要望等

日時

平成20年1月15日(火曜日)午後7時~9時

場所

下山集会所

出席者

主催者

下山自治会 23名

町長、経営企画部長、なんでも町政サロン室長、担当

分野(担当課)

 

内容

回答

企画課、都市整備課、学校教育課

1

街づくり計画について
・長久手町から見た「下山」、これからの課題をどう捉えているか。

パンフレットにより説明した地域では、建ぺい率30%、容積率50%という厳しい規制がかかり建替えなど難しい状況となっています。そこで、土地の現況により2つのエリアを設定し、青色の地域では土地区画整理による整備、赤色の地域では地区計画制度により整備することで、規制を解除することを目指していますが、土地所有者と相談しながら、現在、パンフレットにある青色の地域で土地区画整理組合を設立して進めることになっており、すでに発起人会ができ仮同意率が87%に達しているとのことです。組合設立までには、まだ2、3年かかる見通しです。一方パンフレットにある赤色の地域では、道路幅員が狭く、車が入れないようなところもたくさんあります。この地域においては、みなさんの土地を一部提供していただき4m以上の道路を整備していきたいと考えており、そうしたことをみなさんと協議しながら区画整理事業と歩調を合わせながらまちづくりをしていきたい。公園・道路・調整池なども区画整理で整備していくことになります。区画整理においては減歩、地区計画においては寄付などによりみなさんにもご協力いただきながらまちづくりを進めていきたいと考えています。

街づくり計画について
・今も通過交通量が多く困っている。周辺道路の整備はどうなるか。

通過交通量が多いことについて、青色の地域では、区画整理の事業計画を検討する中で、事業に必要な道路整備について検討する予定であり、その際には周辺道路との連続性なども考慮する予定をしています。

街づくり計画について
・開発に伴い学校など公共施設は大丈夫か。

開発にあたっては、周辺に与える影響や道路、交通問題、公園緑地など、良好なまちづくりに資するよう指導していきますが、今後の開発許可や町の美しいまちづくり条例などにおいて必要な指導をしてまいります。
中学校の建設については、候補地を検討しています。早期に中学校を建設するよう進めていきます。

総務課

2

街づくり計画について
町の財政は健全か、財政難か、これからの方向性はどうか。

長久手町の税収は伸びています。平成18年度決算で歳出約120億円、歳入約130億円で、差引は、約10億円、繰越財源を除いた黒字額は約6億8千万円となっています。ただ、将来の高齢化などを見据え健全に運営しています。

企画課、都市整備課

3

街づくり計画について
矢野コン跡地の開発計画が出ていると聞くがどのような内容か。

矢野コンクリートが土地を売却し、共同住宅を建設したいと聞いております。開発にあたっては、町との協議をし、その中で地元説明会を義務づけたり公園や道路整備の指導をしていくことになります。

環境課

4

街づくり計画について
工場取り壊しによるアスベスト飛散防止対策の指導は。

解体手続きについてはまだ何も聞いていません。解体時には、リサイクル法により届出をすることになります。アスベストがある場合は、アスベスト処理マニュアルにより適切に処理することになります。

安心安全課

5

防犯・防災対策について
自主防災組織を立ち上げている。活動するに当たって、場所がないなどの問題が出ている。地区内の空地を避難場所と指定し活動の拠点とすることは出来ないか。

自主防災活動の拠点としては、避難所である下山児童館に隣接している下山集会所を活用し、地域防災のための活動は、さまざまなコミュニティ活動の核となると期待しています。

なんでも町政サロン室

6

自治会活動について
自治会活動を徹底するために、全住民参加の組織づくりを進める必要がある。未加入者に対する情報の周知はどうしているのか。

町では、転入者あて自治会加入案内を配布しています。広報紙にも自治会の案内を載せていきます。自治会加入は任意であり強制はできませんがPRはしていきたと考えています。

環境課

7

資源ごみの回収について
道路幅が狭く資源ごみを置く場所を確保することが難しくなっている。小型車によるきめ細かい回収は出来ないか。

ゴミの量が多いため4t車を主に利用していますが、担当課においてはきめ細かい対応をこころがけています。決められた時間までにゴミ出ししていただきますようご協力もお願いします。

企画課、都市整備課

8

子どもの遊び場対策
下山は公園もなく子どもたちが遊ぶ場所もない。自由に使える広場の設置が出来ないか。広場は防災活動上も不可欠である。

青色の地域については、区画整理事業の中で検討することになります。

企画課、都市整備課

9

下山地区におけるまちづくりの進捗具合はどうか。

この地域は早くから区画整理の話もありましたが、地域事情もあり現在に至っています。ここにきてようやくみなさんと町が一緒になってまちづくりが進められるようになりましたので、いいまちづくりができるといいと思います。

企画課

10

人口増加は西側に集中しているのか。

市街化整備を行った区域では着実に人口は伸びております。

税務課

11

町の収入増加の理由は、個人住民税によるものか、法人によるものか。

町の収入が増えている主な要因は、個人所得の増加や人口増による納税義務者数の増加等によるものです。

福祉の家

12

長久手温泉の収支はいいのか。

温泉とアグリ事業の2本立てで、温泉は、年間50万人以上の方に利用していただいています。1人あたり150円の入湯税があり、年間約7,000万円程の収入になっています。

なんでも町政サロン室

13

自治会加入率が下がっている。広報の配布を自治会に戻すことにより自治会加入率アップになるのではないか。現在の配達経費を自治会活動に補助してほしい。また、今の全戸配布では、ワンルームマンションなどへの配布はムダではないか。

自治会での配布が大変、また全町民に平等に情報を提供するため全戸配布に変更したことを踏まえ、今後の課題としたいと思います。

なんでも町政サロン室

14

自治会には、町からの回覧依頼などかなりの件数がある。広報配達にお金を使うのであれば同様に自治会に対しもっと補助があってもいいのではないか。

自治会のあり方を検討しつつ今後の課題としたいと思います。

総務課

15

役場の公用車は、町内の移動が主だと思うので軽自動車にしてもいいのではないか。

いい考えだと思います。現在、公用車は買わないようにしています。今後購入にあたっては、すべて軽自動車とはいきませんが努力していきたいと思います。

環境課

16

住民登録もなく自治会にも加入していないアパートの住人がゴミ出しルールを守らない。家主にも責任があると思うがどのように徹底していくのか。

環境課に連絡してください。家主、管理会社に連絡します。その後、個別指導を行います。

総務課、安心安全課、住民課

17

災害がおこったときのために地域で60歳以上の情報を把握しておく必要がある。そういった情報は町が開示していくべきではないか。

必要なことだと思いますが、個人情報保護により、お知らせはできません。
ただし、自主防災組織として自治会から安心安全課へ要望があれば情報提供する方法もあります。

企画課

18

学校の登下校ボランティアをしているが、保険代だけでも町で負担できないか。

平成20年4月にできるまちづくり協働課において市民活動に対する町の支援をどうするか検討していきたいと思います。

福祉課

19

老人会70人のうち10人が一人暮らしで声掛けなどしているが町としての施策はあるのか。

福祉課にて、ひとり暮らしの高齢者を対象に、緊急時の対応施策として緊急通報システム事業や、平日の昼食宅配を行う「食」の自立支援事業を始め、寝具の洗濯乾燥、家具転倒防止器具の取り付け、センサーライト取り付けなどの事業を行っています。事業によって個人負担額や利用条件が異なりますので、ご利用希望がありましたら福祉課 へお問い合わせください。

安心安全課

20

町内には自主防災組織がどのくらいあって、どのような活動をしているのか。防災倉庫は何箇所ぐらい設置されたのか。

現時点での自主防災倉庫は町内に8ヵ所設置してあります。主に防災倉庫の中に配備した資機材を使っての訓練などを行っております。
規約などを定めている組織としては1地区であり、平成20年4月にもう1地区が定めます。しかし、実質的な地域での自主防災訓練などの活動がされているものを加えれば、92自治会中28地区となります。自分の命、財産を守るのは自分であることを念頭に活動する自治会が増えつつあります。

安心安全課

21

自主防災活動をする場所・広場がない。避難場所も北小学校だが現実行けないと思うが。災害時の集合場所を町で決めておくことはできないか。災害時だけでも(一時避難場所として)町からお願いしてもらうことはできないか。

個人の土地を指定することはできません。下山児童館が避難所となっています。
一時避難場所について、地域でその所有者へ承諾を得る必要があると思います。その際、町が同行することも可能です。

企画課、都市整備課

22

矢野コンクリートの開発計画が出てくる前に町から要望を出すことはできないのか。

県に計画が示された後、町において地域の事情に合わせた指導をしていきます。長久手町の美しいまちづくり条例は近隣と比較しても厳しい方となっています。具体的な案が示されたら防災機能のある公園の要望もしていきたいと思っています。

安心安全課

23

交番は増えないのか。

町では、平成19年10月にも交番の設置を要望しました。その際に、警察から「人口3万人で複数の交番を設置」との基準を示されました。今後も、引き続き交番の増設については要望していきます。

お問い合わせ

市長公室情報課 

電話:0561-56-0601

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?