ホーム > 住民票・税金 > 住民票・戸籍 > 海外から転入される外国籍の方へ

ここから本文です。

更新日:2019年2月27日

 海外から転入される外国籍の方へ

 3か月以上の在留期間がある方は、居住する市町村役場に住居地を届け出る必要があります。

 ※短期滞在者、3か月未満の在留期間の方等は届出の必要はありません。

 ※海外から転入される日本人はこちら

届出期限

 長久手市に住所を定めた日から14日以内         

届出者

 本人または(15歳未満の場合)法定代理人

 *上記以外の方は委任状が必要です。

届出場所

 市役所市民課窓口

 *市サービスコーナー(Nピア)ではできません。

届出に必要なもの

 ・転入される方全員の在留カード又は特別永住者証明書(届出時に未交付の方は、後日交付の記載等があるパスポート)

 ・届出人の本人確認書類(在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証、運転免許証、パスポートなど)

 ・委任状(代理人が届出する場合のみ)

 ・印鑑(代理人が届出する場合のみ、シャチハタ印不可)

 ・世帯主との続柄確認書類原本(※)及び日本語訳文

 ・パスポート(再入国の方、在留カード後日交付の方)

  ※続柄確認書類・・・本国官憲が発行した家族関係(続柄)がわかる証明書

  *父・母・子で世帯を構成する外国人家族の転入の場合

   (1)父又は母が世帯主の場合

     父母の婚姻証明書、子の出生証明書とその訳文

   (2)子が世帯主の場合

     子の出生証明書(父母の名前が記載されているもの)とその日本語訳文

  *日本人夫(妻)が既に住民登録している世帯に外国人妻(夫)と外国人子が転入する場合

    日本人夫(妻)の戸籍謄本

    子の出生証明書とその日本語訳文

  (注)続柄確認書類についての注意事項

    *外国語の場合は、日本語訳文も必要です。

    *日本語訳文には、翻訳者直筆の署名が必要です(スタンプ印等直筆でない場合は押印も必要)。

    *続柄確認書類がない場合は、一時的に続柄が「縁故者」等となります。続柄を変更するためには、後日ご来庁いただ き、続柄確認書類等を添付して届け出ていただく必要があります。

    *詳しくは事前にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

総務部市民課 

電話:0561-56-0607

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?