高齢者医療制度窓口負担1割に据え置きとなります

更新日:2020年11月30日

70歳から74歳までの人が医療機関で治療を受けたときに支払う窓口負担は、昨年の医療制度改正で平成25年4月から2割負担に見直されることになっていましたが、平成26年3月31日まで、現行と同じ1割に据え置かれることになりました。国民健康保険加入の該当者には3月下旬に新たな高齢受給者証を発行します。

(注意)ただし、既に3割負担の人(現役並み所得者)や後期高齢者医療制度の対象となる人は除きます。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 保険医療課 国保年金係
〒480-1196 愛知県長久手市岩作城の内60番地1

電話番号:0561-56-0618
ファックス:0561-63-2100

メールフォームによるお問い合わせ
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか