ホーム > 健康・福祉・長寿 > 医療 > 子ども医療費助成制度

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

子ども医療費助成制度

中学生までのお子さんが、病院などで受診したとき、医療費の自己負担額を助成します。

助成内容

対象となる方(次の条件のすべてに該当するお子さん)

  • 長久手市に住民登録がある
  • 健康保険に加入している
  • 15歳になる年の年度末(中学校卒業)まで

 ※小学生以上で、障害者医療または母子・父子家庭医療の受給資格に該当する方または生活保護の対象者は、子ども医療の対象とはなりません。

助成の対象

  • お子さんの入院・通院にかかる医療費(保険診療分)の、自己負担額を助成します。 ただし、入院時の差額ベッド代など保険診療の対象とならない費用や、食事負担(標準負担額)などは助成対象になりません。
  • 高額療養費、家族療養附加金などの支給がある場合は、その額を助成額から差し引きます。

受給者証の交付申請

対象者には、受給者証を発行します。市役所窓口でお手続きください。

持ち物

  • お子さんの健康保険証

次のような場合は届出が必要です

このような場合は、届出に必要な持ち物をお持ちになって、市役所窓口で手続きしてください。

各種手続き

届出に必要な持ち物

 加入している健康保険が変わったとき

 保険証の記号・番号が変わったとき

  • お子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証

 受給者証を失くしたとき

  •  お子さんの健康保険証

 住所、氏名、受給者に変更があったとき

  •  子ども医療費受給者証

 お亡くなりになったとき

 生活保護を受けるようになったとき

 転出するとき

 交通事故の被害者となったとき

  • 第三者行為の届出の必要書類をお渡しします。

 

次のような場合には、受給者証の切替え手続きが必要です。子ども医療費受給者証の有効期間中(3月)までに各医療費受給者証の申請手続きをしてください。

該当資格

子ども医療の有効期限

届出に必要な持ち物

 障害者医療(条件についてはこちら

 

 

 

 

 

6歳の誕生日以降の

最初の3月31日

 

  • 身体障害者手帳又は

       療育手帳又は

       自閉症状群の診断書

  • お子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証

 母子・父子家庭医療(条件についてはこちら

  • 母又は父の母子・父子家庭医療費受給者証
  • 母又は父と該当のお子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証

 精神障害者医療

 (手帳1級・2級所持者)(条件についてはこちら

  • 精神障害者保健福祉手帳
  • お子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証

 精神障害者医療

 (自立支援(精神通院)受給者)(条件についてはこちら

15歳の誕生日以降の

最初の3月31日

 

  • 自立支援医療(精神通院)受給者証
  • お子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証

医療費の申請について

愛知県内の医療機関を受診される際に、健康保険証と子ども医療受給者証を医療機関に提示すれば、入院・通院の保険診療分については、ご自身の窓口での負担はありません。

次のような場合には、医療費を一旦支払った後で,市役所窓口に申請してください。申請内容を審査した後に、指定されました金融機関の口座に振り込みを行います。

 

内容

持ち物

  • 県外で受診したとき
  • やむを得ず医療証を提示できず、自己負担したとき

医療機関を受診した際の医療費の自己負担額を助成します。

  • 受診した際の領収書
  • お子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証
  • 認印(スタンプ印不可)
  • 預金通帳等
  • コルセット等の補装具を購入したとき
  • 保険証を提示できず、全額自己負担したとき

健康保険からの給付を受けた後に、自己負担額を助成します。

  • 健康保険が発行した支給決定通知書
  • 補装具等の領収書(写し)
  • 医師の証明書(写し)
  • お子さんの健康保険証
  • 子ども医療費受給者証
  • 認印(スタンプ印不可)
  • 預金通帳等

詳しくは、医療費の自己負担分・補装具の払い戻しについてのご案内(PDF:174KB)をご覧ください。

高額療養費について

同じ月内の、保険診療分医療費の自己負担額が一定の金額を超えたとき、保険者(健康保険組合)から高額療養費が支給されます。

子ども医療費助成制度の対象者(お子さん)の自己負担額は、長久手市が支払っているため、この高額療養費は市が受け取ることになります。(制度についてはこちら(PDF:127KB)

長久手市が保険者から高額療養費を受け取るにあたって、健康保険の被保険者(お子さんを保険の扶養に入れている方)からの委任が必要となります。市から委任の依頼があったときは、ご協力をお願いします。

すでに加入保険者から高額療養費をお受け取りになっていた場合は、その金額を長久手市にお支払いいただくことになります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部保険医療課 

電話:0561-56-0617(医療係)・0561-56-0618(国保年金係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?