ホーム > 住民票・税金 > 保険・年金 > 国民年金 > 受給資格期間の短縮

ここから本文です。

更新日:2017年7月27日

受給資格期間の短縮

25年から10年へ

平成29年8月から、年金を受け取るために必要な期間(保険料納付済・免除期間、合算対象期間、厚生年金等の加入期間など)が25年から10年に短縮します。

黄色の封筒が届いた方は年金を受け取れます。

今すぐ「ねんきんダイヤル」に予約のお電話を!

年金請求書の送付時期

日本年金機構より、既に65歳以上の方で資格期間が10年以上あることが確認できた方には、ご自宅宛に平成29年2月下旬~7月までに順次、「年金請求書」が送付されます。

お手続きは最寄りの年金事務所や街角の年金相談センターになります。また相談や問合せは下記にご照会ください。

注意点

  • 年金を受給するための年齢要件は変更ありません。 
  • 今回の制度改正によって手続きを行ってもお客様の受け取る年金額が変わらないケースもあります。
  • 遺族厚生年金の受給要件は変わっていません。亡くなられた方の資格期間が25年以上あることが必要です。                                          

お問い合わせ

福祉部保険医療課 

電話:0561-56-0618(国保年金係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?