ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 低体重児届出・未熟児養育医療

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

低体重児届出・未熟児養育医療

これまで、愛知県(瀬戸保健所)が窓口になっていた、低体重児の届出および未熟児養育医療の申請窓口が、平成25年4月1日から長久手市健康推進課(保健センター)になりました。

低体重児届出

2,500グラム未満で出生した場合は、申請が必要となります。

速やかに長久手市健康推進課(保健センター)までご連絡ください。

未熟児養育医療給付

未熟児養育医療給付制度について

入院養育の必要が認められた指定養育医療機関に入院しているお子さん(出生時の体重が2,000グラム以下の未熟児など)に対して、その治療に必要な医療費を公費で負担する制度です。

対象者

長久手市に住所を有している未熟児で、体重が2,000グラム以下または医師の判断により出生直後に指定医療機関に入院して医療を行う乳児が対象です。

助成の内容

入院中の医療費のうち保険診療分の自己負担額と食事療養費(ミルク代)が対象となります。(ただし差額ベッド代などの保険対象外のものは除きます。)

所得税額に応じて一部自己負担がありますが、自己負担分は子ども医療費の対象となります

受託医療機関

厚生労働省または都道府県が指定した指定養育医療機関

申請方法

申請場所

長久手市健康推進課(保健センター) ※郵送での受付はしていません。

申請期間

入院中速やかに申請してください。 ※退院後の申請は、受付できません。

申請書類

申請に必要な書類は、健康推進課にあります。

  • (1) 養育医療給付申請書(表)
  • (2) 世帯調書(裏)
  • (3) 委任状
  • (4) 養育医療意見書 ※指定医療機関の主治医に作成してもらってください。
  • (5) 階層区分の認定に必要な書類 ※該当者のみ提出してください(下記参照)
  • (6) 医療を受ける方の健康保険証
  • (7) 印鑑(認印可)

階層区分の認定に必要な書類とは・・・

(1)給与所得のみで、確定申告をしていない方(会社員等)

源泉徴収票

(2)確定申告をした方(自営業の方、給与所得者で給与所得以外に所得がある方等)

税務署発行の納税証明書(その1)と確定申告書の写し

(3)(1)または(2)で所得税額が0円の方

市町村民税の課税証明書及び(1)または(2)の証明書

【申請日が1月~6月の場合】

生計を一にする世帯員及び世帯外扶養者で前年1月1日に長久手市に住所のない方全員の証明書(前々年分の所得に基づく前年度課税を証明する書類)が必要です。

ただし、前年1月1日現在に長久手市に住民登録されている方は、省略することができます。

【申請日が7月~12月の場合】

生計を一にする世帯員及び世帯外扶養者で当年1月1日に長久手市に住所のない方全員の証明書(前年分の所得に基づく当年度課税を証明する書類)が必要です。

ただし、当年1月1日現在に長久手市に住民登録されている方は、省略することができます。

その他

  • 申請後審査を行い、2週間前後で結果をご自宅に郵送します
  • 養育医療券に記載されている事項に関する変更や医療券の有効期間の継続など、別途手続きが必要です。詳しくは、健康推進課にお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?