ホーム > 健康・福祉・長寿 > 健康・健診・予防接種・医療機関 > お知らせ > 長久手市骨髄移植ドナー助成金について

ここから本文です。

更新日:2019年3月26日

骨髄移植ドナー助成金交付事業について

 市では平成31年4月1日より、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業に登録を行い、骨髄 又は末梢血幹細胞を提供した方(ドナー)及びドナーを雇用する事業所に対し、長久手市骨髄移植ドナー助成金を交付します。

対象者

  • ドナー本人

 骨髄等の提供時(平成31年4月1日以降)において、長久手市内に住所を有し、日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄又は末梢血幹細胞を提供して、これを証明する書類の交付を受けた方。

  • ドナーの雇用事業所

ドナー(個人事業主を除く。)が骨髄等を提供するため最初に通院した日(平成31年4月1日以降)から提供を完了した日までの間、ドナーを引き続き雇用していた国内の事業所。(国、地方公共団体、独立行政法人、地方独立行政法人、国立大学法人及び公立大学法人を除く)

助成額 

ドナーが通院・入院に要した日数に応じて助成金を交付します。

  • ドナー本人

1日につき2万円(14万円を限度とする)

  • ドナーの雇用事業所

1日につき1万円(7万円を限度とする)

申請書類 ※骨髄等の提供が完了してから1年以内に申請してください。

  • ドナー本人

・日本骨髄バンクが発行する骨髄・末梢血幹細胞を提供した証明書

・長久手市骨髄移植ドナー助成金交付申請書兼請求書(ドナー用)

交付申請書兼請求書(ドナー用)(PDF:50KB)

 

  • ドナーの雇用事業所

・日本骨髄バンクが発行する骨髄・末梢血幹細胞を提供した証明書(ドナー本人が本助成事業の申請をしている場合は不要)

・ドナーが骨髄等を提供するため最初に通院した日から提供を完了した日までの間、引き続き雇用していたことを証することができる書類

・長久手市骨髄移植ドナー助成金交付申請書兼請求書(事業所用)

交付申請書兼請求書(事業所用)(PDF:54KB)

 

参考リンク

日本骨髄バンク(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?