ここから本文です。

更新日:2019年5月12日

愛知県広域予防接種について 

予防接種の利便性、予防接種率の向上、健康被害の防止を図ることを目的として、下記に該当する方は、市内の医療機関に限らず、愛知県内の協力医療機関で定期の予防接種を受けることが可能になりました。

ただし、事前に申請が必要となりますので、ご希望の方は接種する日の1週間以上前までに健康推進課(保健センター)までお越し下さい。申請がない場合は、実費での接種となります。

子どもの定期予防接種

対象者

 長久手市民の方で、次の1~4のいずれかに該当する方

1. 長久手市以外にかかりつけ医がいる方

2. 長久手市以外の病院等で長期に入院治療を要し、市内指定医療機関で予防接種を受けることが困難な方

3. 里帰り出産、家庭内暴力等のため、長久手市以外での予防接種を希望する方

4. その他、市長が対象と認めた人(アレルギーや疾病等で市内指定医療機関以外で接種が必要な方)

実施場所

愛知県内の協力医療機関

※参考: 公益社団法人愛知県医師会ホームページ「接種協力医療機関・協力医師名簿」(外部リンク)

対象となる予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、BCG、4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)、二種混合(ジフテリア・破傷風)、ポリオ、麻しんおよび風しん混合、麻しん、風しん、水痘、日本脳炎、子宮頸がん予防

自己負担金

無し(全額無料)

申請方法

1. 愛知県内の広域予防接種協力医療機関へ、接種を希望する旨を連絡し、了解を得る。

2. 健康推進課(保健センター)窓口へ、親子健康手帳(母子健康手帳)、印鑑(朱肉を使用する印鑑)、予診票(既に長久手市から市内用の予診票が郵送されている場合に限る)を持参し、申請手続きを行う。

3. 申請後、約1週間程度で連絡票、広域予防接種用の予診票が申請者へ郵送される。連絡票、広域予防接種用の予診票、親子健康手帳(母子健康手帳)を持参し、事前予約の上、申請書に記載した広域協力医療機関で予防接種を受ける。

(注)申請をされてから、連絡票、広域予防接種用の予診票が発行されるまでに約1週間程度かかります。

高齢者の定期予防接種

対象者

長久手市民の方で、次の1~4のいずれかに該当する方

1. 長久手市以外にかかりつけ医がいる方

2. 長久手市以外の病院等で長期に入院治療を要し、市内指定医療機関で予防接種を受けることが困難な方

3. 高齢者施設等に入所のため、長久手市以外で予防接種を希望される方

4. その他、市長が対象と認めた人(疾病等で市内指定医療機関以外で接種が必要な方)

実施場所

愛知県内の協力医療機関

※参考:公益社団法人愛知県医師会ホームページ「接種協力医療機関・協力医師名簿」(外部リンク)

対象となる予防接種

高齢者肺炎球菌、高齢者インフルエンザ(高齢者インフルエンザの接種期間は10月1日~1月31日)

一部負担金

高齢者肺炎球菌2,500円、高齢者インフルエンザ1,100円

※ただし、生活保護世帯の方は自己負担金が免除されます。詳しくは健康推進課(保健センター)へお問い合わせください。

申請方法

1. 愛知県内の広域予防接種協力医療機関へ、接種を希望する旨を連絡し、了解を得る。

2. 健康推進課(保健センター)窓口へ、印鑑(朱肉を使用する印鑑)、予診票(既に長久手市から市内用の予診票が郵送されている場合に限る)を持参し、申請手続きを行う。

3. 申請後、約1週間程度で連絡票、広域予防接種用の予診票が申請者へ郵送される。連絡票、広域予防接種用の予診票を持参し、事前予約の上、申請書に記載した広域協力医療機関で予防接種を受ける。

(注)申請をされてから、連絡票、広域予防接種用の予診票が発行されるまでに約1週間程度かかります。

 

※参考:愛知県ホームページ「予防接種の広域化について」(外部リンク)

 

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?