ホーム > 健康・福祉・長寿 > 健康・健診・予防接種・医療機関 > 予防接種 > 定期高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について

ここから本文です。

更新日:2019年5月24日

定期高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について

平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌ワクチンが、定期の予防接種に追加されました。

接種対象者

※過去に、肺炎球菌ワクチンを接種したことのある方は対象となりません。

1. 市内在住で、当該年度末時点(令和2年3月31日時点)の年齢が、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の方、平成30年度末に100歳以上の方

  (平成31年度~令和5年度の経過措置。5年間のうちで、順次対象となります)

2. 市内在住で、接種当日60歳~65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免役の機能のいずれかに障がいを有する方(身体障害者手帳1級程度)

  ただし、2.の方は事前に手続きが必要となりますので、1週間以上前に健康推進課(保健センター)までご連絡ください。

● 平成31年度の対象者について、詳細は下表をご参照ください。

平成31年度対象者

 年度ごとに対象の生年月日は変わります。下表は平成31年度の対象者です。

過去に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方は、対象となりません。

※2の対象者のみ、接種当日の年齢です(事前申請要)

対象区分 生年月日 年度末年齢(令和2年3月31日時点)
1 昭和29年4月2日~昭和30年4月1日

65歳

昭和24年4月2日~昭和25年4月1日

70歳

昭和19年4月2日~昭和20年4月1日

75歳

昭和14年4月2日~昭和15年4月1日

80歳

昭和 9年4月2日~昭和 10年4月1日

85歳

昭和 4年4月2日~昭和 5年4月1日

90歳

大正13年4月2日~大正14年4月1日

95歳

大正 8年4月2日~大正 9年4月1日

100歳

  大正8年4月1日以前

101歳以上(2019年度のみ)

2※ 昭和30年4月2日~昭和35年4月1日

接種当日 60歳~65歳未満

 

実施期間及び申込方法

平成31年4月1日から令和2年3月31日まで。

上記平成31年度対象者の対象区分1の人には、4月末~5月頃に個別通知をします。

それ以外の対象者2の人は、接種前に健康推進課(保健センター)へ電話または窓口で申込んでください。

自己負担金及び支払い方法

 自己負担金は2,500円です。接種した医療機関で支払ってください。

<自己負担金免除について>

  • 生活保護世帯の方は自己負担金が免除されます。
  • 免除を希望する方は、事前に手続きが必要ですので、接種日の1週間前までに健康推進課(保健センター)までご連絡ください。

実施医療機関

長久手市・日進市・豊明市・東郷町の指定医療機関及び愛知県広域予防接種実施医療機関

※愛知県広域予防接種実施医療機関で接種を希望する方は、事前に手続きが必要ですので、接種日の1週間以上前までに健康推進課(保健センター)までご連絡ください。

注意事項

  • 肺炎球菌ワクチン以外の予防接種を受ける場合は、接種間隔に気を付けてください。
  • インフルエンザワクチンとの同時接種については、各医療機関にご相談ください。
  • 接種前に肺炎球菌ワクチンの注意事項をよく理解して受けてください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?