ここから本文です。

更新日:2019年5月21日

風しん追加的対策事業

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に風しんの抗体検査、風しんの第5期予防接種を実施します。

妊産婦等の風しん抗体検査、風しん予防接種事業はこちら

事業概要

風しんは風しんウイルスによって起こる急性の発疹性感染症で、強い感染力を有します。特に成人に発症した場合、高熱、発疹が長く続いたり、小児より重症化することもあります。

また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

 

2018年7月以降、関東を中心に風しんの患者数が増加しており、その中心は30代~50代の男性です。昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、接種機会が与えられなかったことから、風しんの抗体を持たない者が一定数存在しています。このようなことから、国では風しんの追加的対策事業として、本事業を行います。

対象者と期限

対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性
 一斉発送対象者でない昭和37年4月1日~昭和47年4月2日生まれの男性の方や、対象年齢で転入された男性で、今年度に風しんの抗体検査を希望される方は、随時発行しますので、健康推進課までご連絡ください。

 ※2019年度のクーポン一括発送の対象者は昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性です。長久手市の住民向けに2019年5月21日に一斉発送を行いました。
期限

 2022年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査、予防接種を公費で受けれます。

 ※2019年中に発行したクーポン券の期限は2020年3月末となります。

抗体検査・予防接種までの流れ

1 クーポン券が届きます
2 抗体検査(クーポン券、本人確認書類が必要です

  抗体検査は、職場での事業所健診、特定健康診査、本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。本事業に参加していない医療機関もありますので、必ず確認してください。

※検査時に、長久手市在住かどうか確認されます。検査時に既に長久手市外に転出している場合、転出先でクーポン券を再発行してもらう必要があります

※対象年齢であっても、クーポン券、本人確認書類をお持ちでない場合、無料で検査を行うことができません。

 本事業に参加している全国の医療機関(外部リンク)
    ※厚生労働省ホームページ

3 抗体検査結果受理

  抗体検査を行った医療機関から、結果が通知されます。

  抗体が十分にある場合は、定期予防接種の対象となりません。

  抗体がない場合は、予防接種を受けましょう。

4 予防接種(クーポン券、本人確認書類、抗体検査結果通知が必要です

  予防接種は、本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。実施医療機関か確認し、予約等を行った上で予防接種にお出かけください。本事業に参加していない医療機関もありますので、必ず確認してください。

※予防接種時に、長久手市在住かどうか確認されます。予防接種時に既に長久手市外に転出している場合、転出先でクーポン券を再発行してもらう必要があります

※対象年齢であっても、クーポン券、本人確認書類、検査結果をお持ちでない場合、無料で予防接種を行うことができません。

  本事業に参加している全国の医療機関(外部リンク)
    ※厚生労働省ホームページ

 

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?