ここから本文です。

更新日:2019年7月17日

食中毒対策について

8月1日~31日までの期間は食品衛生月間です。
食中毒は夏期に限らず発生していますが、この期間中は特に注意するようにしてください。

高温多湿の夏期は、食中毒の原因となる細菌が増殖しやすい時期であり、細菌性食中毒の発生が増加する傾向にあります。家庭でも、食中毒予防に注意しましょう!

~食中毒を予防するための3原則~

1.細菌をつけない 2.細菌を増やさない 3.細菌をやっつける

上の3原則を念頭におき、次に掲げるポイントを参考にして、健康で楽しい夏を過ごしましょう。

1.食品の購入

肉、魚、野菜などの生鮮食品は、新鮮なものを選び、表示のある食品は、消費期限などを確認しましょう。

2.家庭での保存

冷蔵が必要な食品は、購入後すぐに冷蔵庫に保存しましょう。また、肉や魚などは、清潔なビニール袋や容器に入れて保存しましょう。

3.下準備

調理する時は、まず、手を洗います。肉や魚などの汁が、果物・サラダなど生で食べる食品や調理済食品に付かないように注意し、使用した包丁・まな板などの調理器具はよく洗い、熱湯消毒しましょう。

4.調理

加熱する食品は、中心部まで十分に加熱(75℃、1分以上)しましょう。

5.食事

食事の前はよく手を洗い、調理後の食品は早めに食べるようにしましょう。

6.残った食品

残った食品は、清潔な容器に入れて保存しましょう。また、時間が経ち過ぎた食品は、思い切って捨てましょう。

7.その他

寿司や刺身が入った仕出し料理などは、食べる時間に合わせて注文するなどし、買ってから速やかに食べるようにしましょう。
冷凍された魚介類を解凍する場合には、流水又は冷蔵庫内で行うか、電子レンジを使いましょう。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?