ホーム > 健康・福祉・長寿 > 健康・健診・予防接種・医療機関 > 感染症情報 > 自宅でもできることから感染予防対策!

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

自宅でもできることから感染予防対策!

 新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、外出を控え自宅で過ごされている方も多いかと思います。自宅で過ごす時間の中にバランスのとれた食事や運動などを取り入れて抵抗力を高めていきましょう。

 市民の皆様が、自宅でも健康を維持できるような情報をご案内しますので、ぜひご活用ください。

1. バランスのとれた食事

  普段からのバランスのよい食事は、体の抵抗力を上げ、ウイルスが体内に侵入することを防いだり、体内に侵入した病原体を退治したりすることができます。

 一つ目のポイントは「主食」「主菜」「副菜」をそろえて食べることです。主食、主菜、副菜は、それぞれ主に含まれる栄養素が異なるため、これらをそろえて食べることで、色々な栄養をまんべんなくとることができます。

 二つ目のポイントは発酵食品や食物繊維を意識してとることです。免疫細胞の約7割が腸内にあり、腸内環境を整えることができます。

        トマト   チンゲン菜  にんじん

 愛知県は男女ともに野菜摂取量が下位群です。健康に役立つ野菜のレシピが紹介されていますので是非ご活用ください。

  ▶「あいち健康チャレンジ」のキッチン(外部リンク)

2. 適度な運動

  ダンベル運動不足による筋力の低下は、疲れやすくなったり、膝や腰の痛みを引き起こす原因にもなります。自宅でもできる軽い体操をやってみたり、階段を意識的に使ってみたりと生活の中に運動を取り入れて行きましょう。

  ロコモティブシンドローム・生活習慣病予防のためのツールとしてラジオ体操などはいかがですか。

  ▶ラジオ体操第一の効果などについての紹介 

  ▶健康マイレージ事業の紹介

3. 適度な湿度&こまめな換気

 ウイルスは乾燥した空気を好むうえ、空気が乾燥すると、のどの粘膜のバリア機能が低下し、ウイルスに感染しやすくなります。加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。洗濯物を室内に干すのもよいでしょう。また、せきやくしゃみで出たウイルスが空気中にとどまったままにならないよう、1時間に2回以上は換気することをおすすめします。 

  ▶3つの密を避けましょう!(厚生労働省)(PDF:1,230KB)

4. 禁煙

 喫煙者が、新型コロナウイルスに感染した場合、非喫煙者よりも重症化したり、死亡するリスクが高いことが指摘されています。この機会に、ご自身の健康や周囲の人たちの健康のために禁煙を始めませんか?

 禁煙を希望される方を対象に禁煙外来治療費の一部を助成しますので、ぜひご利用ください。

  ▶禁煙外来治療費助成事業

健康情報に関する関連リンク

食事,睡眠等の望ましい生活習慣について(小・中学生・高校生向け)

 お子様の健康維持・管理のためにお役立てください。

生活習慣病予防について(成人向け)

 毎日の生活習慣を改善するヒントや生活習慣病に関する情報が紹介されています。

食事や運動について(高齢者向け)

 フレイルやサルコペニア予防など、健康維持のためにお役立てください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?