ここから本文です。

更新日:2019年5月27日

熱中症に注意

熱中症とは

体の中と外の「あつさ」によって引き起こされる、様々な体の不調です。   

どんな時に起こりやすいか・・・

こんな日が注意です!taiyo

暑くなり始め・急に暑くなる日・熱帯夜の翌日                                                                                  

こんな人が注意です!

  • 乳幼児(体温調節機能が十分発達しておらず、暑さを訴えにくいため)
  • 高齢者(体温調節機能が低下しており、温度差を感じにくいため)

注意!

  • 乳幼児では炎天下で自動車の中にいる時
  • 中・高校生では運動、スポーツ時
  • 中高年では労働や運動時
  • 高齢者では家の中の日常生活時  、農作業時

どんな症状があるのか・・・

  • 軽症度:めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・こむら返り・大量の発汗
  • 中等度:頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感
  • 重症度:意識障害・けいれん・過呼吸・ショック症状

対策(軽症・中等度の場合)

  • 涼しいところへ移動させる。衣服を脱がせ、水をかけ、うちわなどであおぐ
  • 首の周り、腋の下、足の付け根などを冷やす(皮膚の直下に血管があるところを冷やす)
  • 冷たい水分を補給する(スポーツ飲料、経口補水液、食塩水が最適)

対策(重症度の場合)

自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう
(ただし、救急隊の到着前から冷却を開始してください)

日常生活での予防

  • 適切に扇風機やエアコンを使用して、暑さを避けましょう
  • 服装を工夫しましょう
  • のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分を補給しましょう suibunhokyu
  • 急に暑くなる日に注意しましょう
  • 暑さに備えた体力作りをしましょう 
  • 集団行動の場ではお互いに配慮しましょう

熱中症についてのリンク

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?