ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

おうちでチャレンジ!朝食づくり

朝ご飯たべていますか?

1日の中で一番大切な食事を選ぶとしたら断然朝食です。朝ご飯を食べる事で、たくさんの良いことがあります。

朝食を食べるメリット

☆身体のリズムを整える

人の身体には「体内時計」があります。これは、睡眠や体温、血圧やホルモンの分泌を調整しています。この時計が狂ってしまうと、不調の原因になります。体内時計を正常に保つスイッチのひとつが朝食です。朝食を食べると・・・

  • 体温が上がって、代謝が良くなる、免疫力が上がる。
  • リズムが出来て、お通じが快腸になる。

朝日を浴びる事もスイッチのひとつです。早寝早起きも一緒に取り組みましょう。

☆午前中が元気よく過ごせる

朝食を食べる事で、栄養が身体全体に行きわたり、

  • 気持ちが安定してイライラしない様になる。
  • 集中力が増し、午前中のテストの点数が上がる(100点満点で17〜20点違う!)身体も良く動くので、体力テストも好成績が出るようです。

朝ご飯、パン派?ご飯派?どちらが良いのかな。

答えはご飯派。ご飯食には、1よく噛める 2腹持ちが良い 3太りにくいという優れた理由があり、和洋おかずを選ばない事も良い点ですね。

反対に、特に甘い菓子パンだけの朝ご飯は、1噛む回数が少ない 2お腹が減るのが早い 3油分が多い 4栄養がかたよりやすいという注意点があります。

パン朝食を良いものにするには、1 全粒粉入りのパンに変える 2 おかずを豊富にする。(おかずを作れないときは、具沢山、乗っけ盛りトーストにしましょう。)

朝食を食べる習慣が無い時は、始めはお味噌汁や、豆乳、牛乳など液体から始めましょう。

夏場はヨーグルトやお豆腐、果物も良いですね。

管理栄養士 小金澤 衣里氏

☆朝食におすすめレシピ☆

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?