ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

後援名義使用申請

後援を行うことができる事業等について

市が後援を行うことができる事業等は、原則市内で開催される催しで公共性の高いものかつ営利を目的としないものであって、次のいずれかに該当するものです。

  • 国、県又は地方公共団体が主催(共催)するもの
  • 行事の内容、入場料、会場が適当であると認められるもの
  • 過去に市が後援し、相当の効果を挙げた実績のあるもの

後援を行うことができない事業等及び許可の取消しについて

次のいずれかに該当するものは、後援名義使用の許可はできません。また、すでに後援を許可した事業が、実施前に次のいずれかに該当することが判明した場合は、後援の許可を取り消します。

  • 特定の営利業者が主催し、又は営利を目的とする行事であると認められるもの
  • 特定の目的を持った政治活動又は宗教活動であると認められるもの
  • 公安又は風俗を害するおそれがあるもの
  • 暴力団又は暴力団員と関わりがあると認められるもの
  • その他適当でないと認められるもの

申請の方法

事業等の後援を受けようとする時は、長久手市後援名義使用申請書に次の書類を添付して行政課庶務係へ提出してください。(要捺印・電子メールでの提出は不可)

  • 役員名簿、規約等、主催する団体がわかるもの
  • 開催要領等、事業内容がわかるもの
  • 入場料等を徴収する事業については、収支予算書等、事業の収支明細がわかるもの

※その他、事業によっては審査に必要な書類を追加で提出していただくことがあります。

※当該年度を含む過去3か年度中に市の後援実績のある申請については、役員名簿・規約等、提出済みの添付書類を省略することができます。(内容に大幅な変更がない場合)

提出された申請書につきましては、受付日の翌月に開催される後援名義使用審査会にて審査し、その結果により後援名義使用許可通知又は後援名義使用不許可通知を交付します。
ただし、当該年度を含む過去3か年度中に市の後援実績のある申請については、審査会会長による審査により、審査会に諮らずに後援名義使用許可通知を交付できる場合があります。

事業終了報告について

使用承認を受けた事業が終了したときは、速やかに長久手市後援名義使用事業実績報告書を提出してください。

 申請書等様式(平成30年4月1日から様式が変更になっています。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部行政課 

電話:0561-56-0605

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?