<長久手市議会に関するページは長久手市議会が管理、運営しています>

ここから本文です。

議会とは

議会の役割

 市政は、市民の皆さんから選挙で選ばれた代表者によって、安心して快適に暮らすための政策が進められます。

 この代表者の一つが市政を実際に執行する市長で、もう一つは市議会議員により構成される市議会です。

 議会は、市の具体的政策を最終決定する「意思決定機関」です。市議会議員は、市の決まり(条例)や税金の使いみち(予算)など、おもに執行機関である市長から提案されたものについて、審議し議決します。また市長の進める行財政運営や事業について適正、公平に、また効率的に行われているかなどのチェックを行います。

 市議会と市長は、互いに独立した対等な関係の中で、それぞれの機能を発揮し、ともに市民の福祉の向上をめざして市政をすすめていくものです。

議会の仕組み

議員の定数

 本市議会の議員定数は条例で定め、現在は18人です。議員は4年ごとに、市民の皆さんの選挙によって選ばれます。

定例会と臨時会

 議会の定例会は条例で年4回開催することが決められています。長久手市議会では、概ね3月、6月、9月、12月に開催しています。

 それぞれの会期は約1カ月で、本会議(議案上程、質疑、委員長報告、討論採決、一般質問等)及び各委員会がこの間に行われます。

 臨時会は、次の定例会までの間に議会の議決が必要になった場合に、開催する会議です。

委員会

 市議会には、より専門的・効率的に審査するため、議員の中から選任した委員で構成する「総務くらし建設委員会」、「教育福祉委員会」、「予算決算委員会」の3つの常任委員会があります。また、円滑な議会運営のための「議会運営委員会」、議会だよりを編集するための「議会だより編集特別委員会」があります。その他特別な事案が生じた場合には、必要に応じて特別委員会が設置されます。

常任委員会

 地方公共団体の議会が一定の部門の当該地方公共団体の事務に関する調査を行い、議案、陳情等を審査するため、条例で定めた常設する委員会のことをいいます。本市には総務くらし建設委員会、教育福祉委員会、予算決算委員会の3委員会があります。

 

名称 委員定数 所管
総務くらし建設委員会 9人

 

1 市長公室、総務部、会計課、監査委員、選挙管理委員会、公平委員会、固定資産評価審査委員会、くらし文化部、建設部、農業委員会の所管に関する事項

 

2 他の常任委員会の所管に属さない事項

教育福祉委員会 8人 福祉部、教育委員会の所管に関する事項
予算決算委員会 17人 予算決算に関する事項

議会運営委員会

 円滑な議会運営のため、議会運営の全般について、協議し、意見調整を図る場として設置された委員会です。

議会だより編集特別委員会

 議会だよりを編集するための委員会です。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

部署名:議会事務局  

電話:0561-56-0628

ファックス:0561-63-2100