ホーム > 都市整備 > 上下水道 > 下水道利用の流れ > 下水道使用料について

ここから本文です。

更新日:2014年2月19日

下水道使用料について

各家庭、事務所などから排出された汚水は下水道本管を通って浄化センターへ流入し、処理されきれいな水にしてから河川に放流されていますが、これら下水道の施設を円滑に運転したり、補修するなどの維持管理を行うには多額の費用がかかります。
この維持管理に必要な費用を使用者に負担していただくのが下水道の使用料です。住民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

下水道使用料の改定

平成26年4月1日から消費税率が8%に変わることに伴い、下水道使用料の消費税率も8%に変更になります。なお、税抜き単価自体は、変更ありません。

1 消費税の新税率(8%)の適用開始については、次のとおりです。

(1)平成26年3月31日以前から継続して公共下水道を使用されている場合は、検針期間に平成26年3月31日を含まない回(平成26年7月以降に請求書が発送される分)から新税率が適用されます。

(2)平成26年4月1日から新しく公共下水道を使用される場合は、最初の請求から新税率が適用されます。

使用量算定方法は?

  • 水道水の場合・・・水道水の使用水量を下水道の使用量とします。
  • 井戸水の場合・・・井戸水のみを使用している場合は、一般家庭で1人1ヶ月当たり6立法メートルを使用したものとします。
  • 水道水と井戸水の併用の場合・・・一般家庭で水道水と井戸水を併用している場合は、水道水の使用水量と井戸水のみで算定した量を比較して多い方を使用量とします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部下水道課 

電話:0561-56-0624

ファックス:0561-61-5311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?