ホーム > 文化・スポーツ > 歴史文化 > ほとぎのさと展示室開室しました

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

ほとぎのさと展示室開室しました

ほとぎのさと展示室

  平成29年11月に市が洞小校区共生ステーション内にほとぎのさと展示室が開室しました。

  今から約1300年前、長久手市の丁字田と市が洞に窯が作られ、そこで焼かれた焼き物の須恵器は飛鳥の都まで税として運ばれました。このことを示すように「瓫五十戸」(ほとぎのさと)と彫られた須恵器が飛鳥とここ長久手で出土しています。 長久手市では出土した須恵器のうち字が彫られた10点を「刻銘須恵器」として市指定文化財として指定しています。

展示室

  展示室内では出土品のほかに丁字田と市が洞の発掘当時の写真などをパネル展示し、スライドでは丁字田と市が洞の出土品の画像を上映しています。

展示室内では個人利用にかぎり、写真撮影可能です。

(ただしフラッシュ、三脚、一脚は使用できません。また、撮影した画像を営利・非営利問わず、複製・配布(SNSへの投稿も含みます)することはできません。)

展示室内

 

土器パズル

土器パズル

焼き物の感触を楽しみながら、

パズルを組み立ててみてください。

 

開室時間 9時~17時
休室日 年末年始(12月28日から1月4日まで)
入場料 無料
所在地 長久手市卯塚一丁目101番地(市が洞小校区共生ステーション内)
交通

●名鉄バス、Nバス

 「たいようの杜」下車、徒歩2分

●車

 東名高速道路「名古屋I.C.」から南へ約2キロ「根嶽」交差点 

駐車場 28台




お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)

ファックス:0561-62-1451(生涯学習係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?