ホーム > 文化・スポーツ > ほとぎのさと展示室の展示替えをしました

ここから本文です。

更新日:2018年6月7日

ほとぎのさと展示室の展示替えをしました

昨年11月に開室しました市が洞小校区地域共生ステーション内のほとぎのさと展示室で 、4月末に最初の展示替えを行いました。(年2回展示替え予定)

今回の展示替えでは、11点の展示品の内7点の展示品を入替えました。 その中から新しく展示した展示品を2点紹介します。

hati

すり鉢(約20センチ)

このすり鉢はバラバラだった破片を組み合わせて、復元しています。その復元の仕方もご覧下さい。 

 

 

 

 

hasou

 

ハソウ(高さ約10㎝)

上部からお酒などの飲み物を入れ、下部の穴から注いで使われたと考えられていますが、はっきりした使い方はわかっていません。 

 

 

 

 展示室にはアンケートがありますので、ぜひ足をお運びいただき、「どの展示品が良かった」や「こういう展示品が見てみたい」など忌憚のない意見をお待ちしています。

 

ほとぎのさと展示室では約1300年前に市ヶ洞1号窯と丁字田1号窯で焼かれ、奈良県の飛鳥まで税として納められた土器や生活の道具の本物が展示されています。古代の長久手の人たちの生活に思いをはせてみませんか。


 

 


 

 


 

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-62-1451(生涯学習係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?