ホーム > 健康・福祉・長寿 > 健康・健診・予防接種・医療機関 > お知らせ > 危険ドラッグは「買わない!」「使わない!」「関わらない!」

ここから本文です。

更新日:2014年8月22日

危険ドラッグは「買わない!」「使わない!」「関わらない!」

危険ドラッグとは

「危険ドラッグ」とは、いわゆる「脱法ドラッグ」「合法ハーブ」の新名称です。

危険ドラッグってどんなもの?

  • 乾燥した植物のかけら(乾燥植物片)に「麻薬」や「大麻」などの法律で規制されている体に危険な薬物に「似たもの」をわざと混ぜ込んでいるもので、その薬物は法律の規制がおよばないもので、これらは「合法」として売られています。
  • 「ハーブ」だけでなく、「リキッド」として売られている液体状のものや、「パウダー」として売られている粉末状のものなどもあります。

これらは香りを楽しむための「お香」や、料理などに使われる植物の「ハーブ」とはまったく違い、とても危険なものです。これらの製品は「合法ハーブ店」と呼ばれる店舗やインターネットなどで販売されています。しかし、これらを一度でも使用するとそこから抜け出せなくなり、あなたの体を壊し、場合によっては死んでしまうこともあります。

薬物乱用の甘い誘い(例)

  • 1回だけなら平気さ
  • クスリでちょっと遊ぼうよ
  • 面白いクスリがあるんだけど
  • やせられるよ
  • みんなやってるよ(やってないのはきみだけ)
  • 人生は経験だ
  • 眠気がとれて、勉強ができるよ
  • ちょっとだけ、ためしてみない
  • イライラがとれてすっきりするよ
  • ただの栄養剤だよ
  • 最高の気分が味わえるよ
  • とりあえず、預かってよ
  • お金はこの次でいいよ

体にどんな影響があるの?

 乱用すると、脳や身体に影響を与える可能性が高く、呼吸停止、意識消失、精神への悪影響や意識障害などが起きる恐れがあります。

 覚醒剤や大麻などと同様、自分の意思で乱用をやめることができなくなる危険性が高いです。

事件・事故の例

気分不良、おう吐、意識障害、呼吸困難、どうき、けいれん、顔面そう白などが報告されており、愛知県内では、使用した人が死んでしまったり、使用した人が他の人を死なせたりする例も出ています。県に報告のあった中では10代、20代による健康被害が最も多くなっています。

危険ドラッグは「買わない!」「使わない!」「かかわらない!」

  • 「合法」という言葉に惑わされてはいけません!
  • 「合法ハーブ」として売られているものには、どんな物質が含まれているか分からないものが多く、からだに有害な物質が含まれているものもあり危険です!

「合法ハーブ」として売られている危険ドラッグは、「買わない!」「使わない!」「かかわらない!」

だれかに誘われても絶対に断りましょう!

危険な場所にも近づかないこと、逃げることも「勇気」です!

 

関連リンク

お問い合わせ

福祉部福祉課 

電話:0561-56-0553

ファックス:0561-63-2940

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?