ここから本文です。

イベント

音楽

文化の家 自主事業

JAZZ長久手 やっぱりジャズはイイ!

JAZZ長久手のチラシ画像です

令和2年2月14日(金曜日)18時30分開場 19時00分開演

JAZZ長久手 風のホール

上演時間:約120分

ホンモノが届けるビターな夜

TVアニメ「ルパン三世」エンディングテーマやCMソング「真っ赤な太陽」の歌唱などで知られるジャズ界のレジェンド・大野えりが、豪華ベテラントリオとともに長久手に登場!贅沢なジャズムードを、バレンタインの夜にいかがですか?

出演

大野えり(ヴォーカル)
大野えり名古屋出身。同志社大学卒。学生時代よりライヴ活動を開始。3年の時、山野BIG BAND コンテストで審査員特別賞を受賞。1979年、日本コロムビアより佐藤允彦プロデュースによる『Touch My Mind』でアルバムデヴュー。以後、Hank Jones率いるGreat Jazz Trio との共演盤『Easy To Love』を含め、8枚のアルバムをリリース。その他、DJ.Krushのアルバムに参加、“ルパン3世”のエンディングテーマ、TVCM"真っ赤な太陽”等多岐に渡り活動。抜群の歌唱力、温かなイントネーションで国内のみならず、海外のミュージシャンからも賞賛されている。2006年5月3日、通算9枚目となる大野俊三プロデュースによるNY録音盤『Sweet Love』以降、2012年『Eri Ohno Standards』、2014年3月16日『Dialogue』に続き、2015年11月18日、Buster Williams (b),Al Foster(dr)を迎えたNYレコーディング『How My Heart Sings』をリリース。2018年8月13・14日にJazz Singerとしては初となる、新宿PIT INNでのライブレコーディングを敢行。11月18日に、CD『Eri Ohno Live At PIT INN vol.1/Lotus Blossom』、DVD『Eri Ohno Live At PIT INN Director’s Cut』を同時リリース。2019年5月3日にはCD『Eri Ohno Live At PIT INNvol.2/Feeling Good』もリリース。精力的にコンサート活動を行っている。

大口純一郎(ピアノ)
大口純一郎1949年東京生まれ。凛とした一音にのせるピアノの音色は長年積み上げた独特の個性で溢れており、高い評価を得ている。米木康志bass 本田珠也ds のピアノトリオ。パーカッションの大儀見元.小泉哲夫bassによるパーカッシヴ・トリオを主宰。2009年初のピアノソロCD" Plays Solo Piano ".2016 夏 ピアノトリオの新作”Invisible”をリリース。

米木康志(ベース)
米木康志1952年函館市に生まれる。 大学在学中、明田川荘之トリオで演奏活動を始める。その後、植松孝夫グループ、小田切一巳グループに在籍し、折から来日中のドラマーであるドナルド・ベイリーとともに、ハロルド・ランド(ts)、ロレツ・アレキサンドリア(VO)、と 共演の機会も持つ。その後、本田竹広トリオ、ネイティブ・サン、大西順子トリオとの活動も行う。現在は、大野えりグループ、大石学トリオ、大口純一郎トリオ等で演奏する。

原大力(ドラム)
原大力1959年5月22日福岡県生まれ。1981年、ミッキー吉野等と知り合いプロ入り。3年間、海老沢一博氏に師事した後、87年渡米。バークリー音楽院に入学。宮ノ上貴昭&スモーキン、山田穣Quartet、多田誠司Quartetのレギュラードラマーとして活躍。92年大西順子トリオに加入。2000年大石学Trioに加入。2003年よりユキアリマサTrioのドラマーとしても活動。現在、ユキアリマサTrio、大口純一郎Trio、大野えりBand、鈴木央紹等のレギュラードラマーとして、また、原大力カルテットのリーダーとして活動している。

料金

フレンズ会員2,500円、一般3,000円、学生1,500円

全席自由
未就学児の入場はご遠慮ください。
前売完売の場合、当日券は発売されません。

チケット発売日

12月7日(土曜日)フレンズ会員先行発売 ⇒フレンズ会員について
12月14日(土曜日)一般発売

チケットの取扱い場所

長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用 ※電話予約は発売日の翌日から)
Nピア(アピタ長久手1F) 0561-63-9200 窓口販売のみ
チケットぴあ(外部リンク) 0570-02-9999 Pコード171-362 フレンズ販売なし

チケット購入方法

主催

長久手市

ページの先頭へ戻る