ホーム > 安心・安全 > 消防・救急 > 緊急時の連絡 > 消防指令センターからのお願い

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

消防指令センターからのお願い

  1. 119番には、「いたずら」や「間違い電話」が多くかかってきます。
    小さな子供さんは電話で遊ばないよう注意をお願いいたします。
    また、間違えた時は、「間違いです」と言って下さい。そうでないと、係員は何かあったのではないかと思い、電話の呼び返し等で確認します。
    この間、本当に必要な人からの電話がつながりにくくなってしまいます。
  2. 救急車が到着するまでの間に、電話口で応急手当(胸骨圧迫(心臓マッサージ)、圧迫止血など)をお願いすることがあります。落ち着いて係員に従ってください。
  3. 救急車の要請で、サイレンを鳴らさないで来てほしいと要望される方がおられますが、サイレンを鳴らさないで走行することは出来ません。
    救急車や消防車は緊急自動車ですので緊急出動時は赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして走行するように法律(道路交通法)で義務付けられています。出動した車両・隊員が現場近くへ行き、場所の確認ができればサイレンを止めますので、ご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ

くらし文化部安心安全課 

電話:0561-62-0119

ファックス:0561-62-7671

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?